FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『片脚吊り調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『片脚吊り調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達は食事を取った後、予約してあったいつもの
ホテルに入りました。

当日は広めのメゾネットとテラスのある部屋を取り
いつもよりも贅沢な気分を味わうことにしました。



部屋に入ると私はベッドに座り持参したバッグから
調教道具を出して準備を始めました。
ミィさんは部屋の入口付近で戸惑った様子で
私を見つめながら立ち尽くしていました。

「とりあえず中に入って服を脱ぎなさい」
私が調教の準備をしながら命じると、
彼女は我に返った様子で…
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様」
と答えて部屋の奥まで入ってきて、
命じられた通り、ゆっくり服を脱ぎ始めました。
[【ミィさん】 片脚吊り調教(その2)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※この時の画像を見るには『片脚吊り調教(特典画像)』まで。

**************************************************

前回の調教の後、ミィさんの学校が始まり、
再び多忙な毎日が始まりました。
そんな中、彼女から調教希望のメールが届きました。

> ご主人様、来週の○曜日から家族が旅行に行きます。
> なので、一緒に泊まれそうなのですが、
> ご主人様のご都合はいかがでしょうか。

私もちょうどその日は予定がなにも無かったので

> 私もその日程であれば予定も無いので構わんぞ。
> では、ホテルの予約を取ってやろう。

と、彼女のメールを送り返しました。
すると、彼女からはすぐに返信が送られてきました。

> ご主人様、ありがとうございます。
> 泊まりで調教していただけるのは初めてなので
> とても嬉しいです。
> 当日を楽しみにしています。

[【ミィさん】 片脚吊り調教(その1)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


みなさま、こんにちは。亮です。
いつも続俤陵辱譚にお立ち寄りいただき、
ありがとうございます。

さて、今回は明日からの日記で連載予定の
ミィさんの調教の時の画像を公開したいと思います。

が、昨今のネット上におけるアダルトの環境に鑑み、
今回は限定公開ブロマガ記事として公開します。

今回の調教の模様がご理解いただける画像を
10枚ほど貼付してあります。
ご興味をお持ちの方はゼヒご覧下さい。

※サービス画像を1枚貼っておきます。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


みなさま、こんにちは。亮です。
いつも続俤陵辱譚にお立ち寄りいただき、ありがとうございます

今日は久々にSM萬相談室です。
みなさまにお楽しみいただければ光栄です。

先日、あるM女性からご相談をいただきました。
その女性のお悩みとは…

・ご主人様に「奴隷はお前だけだ」と言われていたのに
 実は他にも飼っている女性がいた。
・自分よりもそちらの女性の方が付き合いが長く
 実は「自分の方が浮気相手」だった。
・ご主人様に騙されたことは悔しくて悲しいけど
 それでも唯一無二のご主人様から離れられない。
・頭の中が混乱して、どうしていいかわからない。

と言うモノでした。

そこで私はちょっとだけアドバイス。

考え方を変えてみましょう!
[考え方を変えてみましょう(その9)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

ミィさんを部屋の一番奥にある鉄格子の中に引き込み
彼女を壁面にあるX字の磔台の前に立たせました。
そして背中を向けさせた状態で、両手首と両足首を
磔台の四方の端にある革ベルトで拘束しました。

彼女が身動きできないように拘束すると
パドルバラ鞭乗馬鞭一本鞭で彼女のお尻から
太股にかけてを繰り返し打ち据えました。

そして、私は彼女の背後に回るとガッチリと腰を掴み
彼女にお尻を突き出させる姿勢を取らせ、
そのままコンドームを装着したペニスを
後背位で挿入していきました。

私はペニスで彼女の膣奥を激しく突き上げながら
爛れた臀部を鷲掴みにして苦痛を与えつつ
逝かせました。
[【ミィさん】 SMホテル調教(その26)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓