FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。



 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『熱々おでんプレイ(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『熱々おでんプレイ(特典画像)』まで。

**************************************************

全裸で綿紐で菱縄に縛られ首輪を嵌めてリードを
繋げられたミィさんを床に四つん這いにすると
私はアナルにワセリンを塗った白猫尻尾のプラグ
押し込んで激しく抽挿運動させて逝かせました。

逝き果てて床にうつ伏せに崩れ落ちて脱力し
ハァハァと激しく呼吸するミィさんのお尻を
思い切り平手で叩くと…
「もう一度四つん這いになってケツを出せ」
と厳しい口調で命じました。

「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
ミィさんはお尻を叩かれて意識を取り戻すと
ヨロヨロと身体を起こして再び四つん這いになり
お尻を突き出しました。

私は再び白猫尻尾のプラグに手を掛けると
前後に動かし始めて直腸粘膜を刺激しました。
[【ミィさん】 熱々おでんプレイ(その10)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『熱々おでんプレイ(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『熱々おでんプレイ(特典画像)』まで。

**************************************************

全裸で綿紐で菱縄に縛られ首輪を嵌めてリードを
繋げられたミィさんは床に仰向けに寝かされて
熱く熱したおでんで真っ赤に腫れ上がった乳首を
踏みにじられて責められました。

彼女は弱った乳首を踏み付けられる刺激で
泣き叫びながら許しを乞いましたが、
私は容赦無くグリグリと乳首を踏みにじり
更には彼女の顔を踏み付け、最後に足先を
口の中に押し込んで足指を舐めさせました。

ミィさんは呼吸困難の苦悶と口の中の火傷を
刺激される苦痛と蒸れた足の臭いで
顔を歪めながら必死に耐えながら
足指と指の間に舌を這わせました。

私は次に彼女の首輪に繋がったリードを
手に取ると、強く引っ張って彼女の身体を
引き起こしました。

「次は四つん這いになれ」
私が淡々とした口調で彼女に命じると…
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と、彼女は力無く答えて、命じられた通りに
床に四つん這いになりました。
[【ミィさん】 熱々おでんプレイ(その9)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『熱々おでんプレイ(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『熱々おでんプレイ(特典画像)』まで。

**************************************************

全裸で綿紐で菱縄に縛られ首輪を嵌めてリードを
繋げられたミィさんは床に仰向けに寝かされて
熱く熱したおでんで真っ赤に腫れ上がった乳首を
踏みにじられて責められました。

彼女は弱った乳首を踏み付けられる刺激で
泣き叫びながら許しを乞いましたが、
私は容赦無くグリグリと乳首を踏みにじり
更には彼女の顔を踏み付けました。

ミィさんは呼吸できない様子で苦しみながら
顔を歪めて呻き続けました。

「ホラ、もっと苦しめ…」
私はそう言いながら必死で呼吸する彼女の口に
足先を無理矢理押し込みました。
[【ミィさん】 熱々おでんプレイ(その8)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『熱々おでんプレイ(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『熱々おでんプレイ(特典画像)』まで。

**************************************************

全裸で綿紐で菱縄に縛られ首輪を嵌めてリードを
繋げられたミィさんは床に仰向けに寝かされて
熱く熱したおでんで真っ赤に腫れ上がった乳首を
踏みにじられて責められました。

彼女は弱った乳首を踏み付けられる刺激で
泣き叫びながら許しを乞いましたが、
私は容赦すること無くグリグリと乳首を
踏みにじり続けました。

「フン、だらしねぇな…」
私はミィさんを冷たく見下ろしながら
ゆっくりと彼女を踏み付けている足を
下ろしました。

「ううう…ごめんなさい、ご主人様…」
彼女は乳首への痛みに耐えられなかったことを
詫びるように泣きながら力無く答えました。
[【ミィさん】 熱々おでんプレイ(その7)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『熱々おでんプレイ(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『熱々おでんプレイ(特典画像)』まで。

**************************************************

調教当日、私達は予約してあるホテルに入る前に
途中のコンビニエンスストアに立ち寄り
飲食物と一緒におでんを購入しました。

ホテルの部屋に入り、彼女を全裸で床に座らせると
綿紐で菱縄に縛り首輪を嵌めてリードを繋げました。

そして、購入したおでんを電子レンジで温め
熱々になったチクワブを割り箸で摘まみ
彼女の両乳首に交互に押し当て口に押し込みました。

口の中と乳首へのおでんでの熱刺激に耐えかねて
ミィさんは悶絶して床に転がりました。
私は仰向けに横たわるミィさんの腹部を踏み付け
体重を掛けながらグリグリと踏みにじり
強い圧迫を与えました。

彼女は息も絶え絶えに苦悶しながらも
必死に腹部への圧迫感に耐え続けていました。
[【ミィさん】 熱々おでんプレイ(その6)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓