FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


男は少女を連れて雑居ビルの中へ入っていった。

多くの人が歩き回っているネットカフェの空間は
無機質な静けさが漂っていた。

その一番奥にある一番大きなブースの前で男は立ち止まる。
薄いベニヤ板の向こう側からは卑猥な粘着質の音と
男女の入り乱れた息遣いが聞こえてくる。

男は少女を促すように目で合図を送る。

少女は覚悟を決めたように頷き、そっとノックしてから
ネットカフェの薄いベニヤ板のブースに入っていく。
男はその後ろから彼女を追い立てるように中に入る。

「おお、来たか、待っていたぞ…」
フラットタイプのブース内の中央にはでっぷり肥えて
脂ぎった中年の男とイケメンのホスト風の男がいて、
二人とも下半身を剥き出しにして欲望の肉棹を屹立させていた。

その肉塊にかしずくように数人の全裸の少女が群がり
思いのままに舌を差し出し醜悪な肉塊を口に含み、
恍惚と歓喜の入り雑じった表情で奉仕をしていた。

「その女が貢ぎ物か?」
肥えた中年男が訊ねると…
「はい、プロデューサーさんに気に入ってもらえると思って
この娘、17才の高校生なんですよ。ホラ、挨拶しろ」
少女を連れてきた若い男は女衒よろしく少女を促す。

少女は悲しげな表情を男に向けて最後の抵抗を試みるが…
「今さら何やってるんだよ。
俺がビジュアル系でデビュー出来るかがかかってるんだ。
ちゃんと教えた通りにやれよ。
やらなければこの前のハメ録り動画をバラ撒くぞ」
と、男に耳許で脅しの言葉を囁かれて観念した。

少女は中年男の足元に正座して三つ指をつくと…
「私は信太郎様の性奴隷です。
プロデューサー様にお楽しみいただくために今日は来ました」
と涙混じりの声でそう呟くように言った。
その言葉には不本意な思いが滲み出ていた。

「フフフ…よしよし、君が奴隷として奉仕するなら、
信太郎のデビューも考えてやろう。
今度、コイツをメジャーデビューさせてやるので、
信太郎はそのバックバンドのドラムとして使ってやってもいい。
だが、それは君の頑張り次第だがな…」
中年男は隣のイケメンと顔を見合わせながらニヤニヤと笑い
欲望みなぎる下劣な視線で少女の身体を舐めるように見回した。

「はい、もうコイツは何でもやらせますんで。
お二人の気の済むように使ってやって下さい」
男はそう言うと彼女を無理矢理立たせ、服を脱がせはじめた。

「ほほう…殊勝な心掛けだな…」
中年男は下品な微笑みを浮かべながら、これから始まる
酒池肉林の宴に興奮を掻き立てられている様子だった。





※コレはあくまでも私の中の妄想です。事実ではありません!

似たような人物名が実際にいるかもしれませんが、
たまたま類似しているだけで、それは偶然に過ぎない!
(故・山崎豊子風)
[【妄想劇場】 貢物の奴隷]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


彼らは女子高生を街中で捕まえて連れてきた。

拘束された女子高生は男たちに囲まれると不安な表情で
媚びるような視線を送り続ける。

「どうした。この程度のことも答えられないのか…」
「え、だって…そんなの知らないし…」

少女たちは困惑の表情を浮かべて男たちに答える。
男たちは冷淡な嘲笑を浮かべながら少女たちを見下す。

「この程度の女たちには愛のが必要だな…」
男はそう言うと少女たちを別のところへと連れ出す。

「え?いや…どこに連れていくの?」
少女は拉致される恐怖に怯えた声を上げる。

「フフフ…愛のだよ。いいところに連れて行ってやる。
 おまえのような女には愛のが必要だ」
「え、やめて…助けて…なんていや…」
少女はこれから訪れるの恐怖に泣き叫びながら抵抗する。

男は構わず冷酷な笑顔を浮かべながら女子高生を捉えると
残忍な微笑みをたたえながら少女を連れて出ていくのだった。


[【妄想劇場】 ムチムチの女子高生を鞭打ち]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


ある日のこと…。

街中に人だかりが出来ていた。
その人の輪の中央には屈強そうな男が立っている。
手にはリードを持ち、そのリードの先はハーネスにつながっており
ハーネスは全裸で四つん這いのメスブタを捕えていた。

「コイツは飼っているブタなんですよ」
男はニヒルな笑みを浮かべながら自慢気そう語る。

集まる野次馬は好奇の視線でそのブタを見つめる。
ブタは周囲に集まってくる人に愛想を振りまくのか、
近寄っていって見上げたり鳴き声を上げたりする。

「触ってもいいですか?」
興味を持った男性がその男に許可を求めると…
「ああ、構いませんよ。可愛がってやって下さい」
と誇らしげな顔でそう応えた。

その言葉を合図に野次馬の手がワラワラと伸びてきて
全裸のブタの身体を撫で回す。

興奮を覚えたのか体をよじり鳴き声を上げながら涎を垂らす。

そんな姿を私は少し離れたところから見つめながら
ゆっくりとアルコールを飲み乾していくのだった。




(いやいや、読んで字のごとくですよ。変な妄想しないで下さいね!)

[【妄想劇場】 全裸のメスブタを四つん這いにして…]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


男は女を激しく責め立てながら強い口調で訊ねる。

「お前はその男にどんなことをされたんだ?」
「ああっ…いやっ…そんなこと…訊かないで…」
女は涙交じりの声で許しを乞うようにそう答えた。

「いや、許さん!お前はその男にもこんなコトをされて喜んだんだろう!」
「そんなことはありません…私はそんな女じゃありません…」
「フン、でもお前のココはもうたっぷり濡れてるぞ…。
 あの男に可愛がられて責められてケツ振って喜んだんだろう!」
「ああっ!だって、それは…それは…あなたが命令したから…」
女は困惑した口調で答えると、男の興奮が更に高まる。

「この売女め!本当は他の男とセックスするのを喜んでるんだろう」
「いやっ…そんな…そんな…ああっ…」
女は男に責められるほどに声に艶を感じさせてくる。
その変化を敏感に感じ取った男は更に自らの興奮を高める。

男は興奮に任せて更に残酷な命令を女に課した。
「いいか、次はその男をココに連れてくるんだ。
 そして私の前でその男に抱かれるんだ。わかったか!」
「はい、かしこまりました…。仰る通りにいたします…あぁ~…」
女はすべてを諦めたような口調でそう言うと
男の激しい責めに身を委ねて寝取られる興奮を反芻するのだった。



(コレはあくまでも私の中の妄想です。事実ではありません!)

[【妄想劇場】 NTRの変態W不倫]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


黄色いスーツを着て立つ彼女は厳しい表情で前を見据えると
毅然とした口調で言い放った。

「あなたはSMが好きなの?なんて恥ずかしい人なの」

その言葉を聞きながら前にいる男の表情がこわばり紅潮する。

「フン、きっとあなたは私にそう言われて喜んでいるのでしょう?。
 にも関わらず人の上に立とうなんて、なんて恥知らずな人なの」

彼女の蔑みの言葉を受けると男の表情が我慢の限界を超えて
喜色が浮かび始める。
周りで見ている者たちも盛んに野次を飛ばして会場が盛り上がる。

「口にするのも汚らわしいところに出入りして恥ずかしい人ね」

その言葉に興奮を覚えた男は自らの中のマゾヒズムを膨らませ
更なる激しい言葉を求める表情を浮かべた。

(あぁ…もっと言って下さい、女王様…。
 もっと罵って下さい…もっと蔑んで下さい…)
男の心の中に被虐的な興奮が湧きあがるのを感じる。
そして言葉を尽くした辱めの言葉に喜びを感じ始めた。



(コレはあくまでも私の中の妄想です。事実ではありません!)

[【妄想劇場】 もっと罵って、蔑んで…]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓