FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして上半身を後ろ手に綿紐で縛り
首輪を嵌めて四つん這いにして正常位でペニスを
挿入して激しく膣奥を突き上げました。

それに合わせてパドルでのスパンキングで爛れた
臀部を鷲掴みすると、彼女は苦痛と快楽で
泣き叫びながらもエクスタシーに達して果てました。

「ホラ、まだ終わってねぇだろ」
私がそう言って彼女のお尻を平手で叩くと
呆然としていた彼女は苦痛で意識を取り戻し…
「ひいいっ!ごめんなさい…」
と悲鳴を上げて膣を痛みで収縮させました。

「そうだ。もっとマ○コ締めてみろ…」
私はそう言いながら再び彼女の爛れたお尻を
平手で強く叩くと…
「ひいいっ!ごめんなさい、ご主人様!」
と再び悲鳴を上げて、苦痛に激しく反応して
括約筋をギュウッと締め上げました。
[【マキさん】 パドルスパンキング(その15)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして上半身を後ろ手に綿紐で縛り
首輪を嵌めて四つん這いにして後背位からペニスを
挿入して激しく膣奥を突き上げました。

それに合わせてパドルでのスパンキングで爛れた
臀部を平手打ちすると、彼女は苦痛と快楽で
泣き叫びながらもエクスタシーに達して果てました。

マキさんはグッタリとベッドにうつ伏せで崩れ落ち
ハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

私は彼女を仰向けに寝かせると、彼女の顔は汗と
唾液とで髪がベットリと貼り付いていました。

私は脱力したままの彼女の両脚をM字に開くと
パックリと口を開いて粘液を垂らしている秘裂に
正常位で肉棒を押し込んでいきました。
[【マキさん】 パドルスパンキング(その14)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして綿紐で後ろ手に緊縛し、
首輪を嵌めてうつ伏せに寝かせ、
両脚を開脚させて固定すると、電マに装着した
アタッチメントを彼女の膣内に挿入した上に
革のパドルで激しくスパンキングしながら連続で
エクスタシーを与えました。

その後、マキさんの脚の緊縛を解いて後背位から
コンドームを装着したペニスを挿入しながら
彼女の爛れた臀部を平手打ちしました。

「ひいいっ!嬉しいっ!嬉しいですっ!
 ああっ!もっと叩かれたいです、ご主人様っ!
 私はお尻を叩かれて喜ぶ変態マゾ女ですっ!」
マキさんは半狂乱のように叫びながら
お尻の平手打ちに歓喜の声を上げ続け
狂ったように腰を振りながら快楽と苦痛を
貪り続けました。

「そんなに嬉しいならケツ振ってみろ」
私がそう言いながらマキさんのお尻を叩いて
更に促すと
「はううっ!嬉しいです、ご主人様、嬉しいです」
と彼女は答えて必死に腰を前後に動かしました。
[【マキさん】 パドルスパンキング(その13)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして綿紐で後ろ手に緊縛し、
首輪を嵌めてうつ伏せに寝かせ、
両脚を開脚させて固定すると、電マに装着した
アタッチメントを彼女の膣内に挿入して、
彼女に最初のエクスタシーを与えました。

更に、この日は彼女が
「スパンキングされたい」
と希望していたことから、革のパドルを使って
電マの快楽と合わせてスパンキングの苦痛を
与えました。

マキさんは電マによる強烈な振動の快楽と
パドルによる打撃の苦痛で泣き叫びながらも
被虐感で強い興奮を感じ取りながら
連続でエクスタシーに達して果てました。

私はグッタリしたマキさんの両脚の綿紐を解き
腰を掴んでお尻を突き出させると、後背位で
コンドームを装着したペニスを挿入していきました。

[【マキさん】 パドルスパンキング(その12)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして綿紐で後ろ手に緊縛し、
首輪を嵌めてうつ伏せに寝かせ、
両脚を開脚させて固定すると、電マに装着した
アタッチメントを彼女の膣内に挿入して、
彼女に最初のエクスタシーを与えました。

更に、この日は彼女が
「スパンキングされたい」
と希望していたことから、革のパドルを使って
電マの快楽と合わせてスパンキングの苦痛を
与えました。

マキさんは電マによる強烈な振動の快楽と
パドルによる打撃の苦痛で泣き叫びながらも
被虐感で強い興奮を感じ取りながら
エクスタシーに達して果てました。

「ホラ、まだ終わってねぇだろ…」
私はマキさんの後頭部をパドルで叩いて
彼女の意識を取り戻させると
疲れ果てたまま脱力しているマキさんに
容赦なく電マの強い振動刺激を与え続けました。
[【マキさん】 パドルスパンキング(その11)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓