FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※ユウコさんの詳細なプロフィールはコチラを参照して下さい。

※この時の調教の模様を最初から読むにはコチラからどうぞ。

ユウコさんにはもう既にモラルなどは残っていませんでした。
そこには快楽という甘い餌を求める雌に成り下がっていたのです。
ここが会社のであることも忘れ、欲望を満たすことだけを考えていたのです。

「ねぇ…亮さん、お願いです…。もう、焦らさないで下さい…」
彼女はそう言うと自ら椅子を降りて私の前に跪きペニスを取り出しました。
そうして愛おしむかのように頬張り出したのです。
「んふっ…、んふっ…」という彼女の吐息とジュルッ、ジュポッという
湿度を帯びた音が会議室に響き渡りました。
[【ユウコさん】 会社での調教(その6)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※ユウコさんの詳細なプロフィールはコチラを参照して下さい。

※この時の調教の模様を最初から読むにはコチラからどうぞ。

その後もユウコさんは会社で逢うと私を避けるようになりました。
その避け方も羞恥心を前面に出すような態度だったのです。
(コイツ、本当に恥ずかしがってるよ。)
私は内心そう思うたびにS心を刺激される思いで充足感に浸りました。
そうして1週間後、再びユウコさんに課題を与えたのです。
[【ユウコさん】 会社での調教(その5)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※ユウコさんの詳細なプロフィールはコチラを参照して下さい。

※この時の調教の模様を最初から読むにはコチラからどうぞ。

ユウコさんは自慰行為で逝き果てると、脱力して私にもたれかかりました。
荒い息遣いをしながら薄っすらと目を閉じています。
「ユウコちゃん、気持ちよさそうだったじゃない?」
彼女は私の言葉にゆっくりと頷くと見上げるように虚ろな眼差しを向けてきました。
(ははぁ~、欲しいんだな…)
私はふとユウコさんの心の中を覗いたような感覚になりました。

[【ユウコさん】 会社での調教(その4)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※ユウコさんの詳細なプロフィールはコチラを参照して下さい。

※この時の調教の模様を最初から読むにはコチラからどうぞ。

仕事を終えた後、20時頃に渋谷で待っていると携帯電話がなりました。
「はい、亮です…。」
「あ、あの…、ユウコです。」
「あ、よく来たね。今はどこにいるの?」
「○○線の改札を出たところにいます。」
「じゃあ、××で待ち合わせしよう。入り口の前にいるから来てね。」
「あ、はい…。わかりました。」
電話を切ると5分ほどで待ち合わせ場所へユウコさんがやって来ました。
[【ユウコさん】 会社での調教(その3)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※ユウコさんの詳細なプロフィールはコチラを参照して下さい。

※この時の調教の模様を最初から読むにはコチラからどうぞ。

数日後、また会社のプロジェクトの会議がありました。
その日、ユウコさんは更によそよそしい態度で私に接しました。
会議中の発言まで何だか遠慮気味だったように感じました。
私はその会議が終わった後、彼女の内線に電話してみました。
[【ユウコさん】 会社での調教(その2)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓