FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『初調教(その1)』まで。

私はミィさんを床に四つん這いにして綿紐で後ろ手に縛り
ベッドに上半身を伏せさせてお尻を突き出させました。
そして、既に首輪とフェラチオで充分に濡れた秘所を
指で責めて刺激し、併せてお尻を平手打ちしました。

ミィさんはこれまでのオナニーで感度を上げてきた成果で
ちょっとした刺激でも敏感に反応を示しました。
そして、指での刺激を受けながら歓喜の声を上げました。

私は彼女に更に強い刺激を与えようとオルガスターを取り
スイッチを入れて彼女の充分すぎるほど潤った秘孔に
押し込んでいきました。

「あああっ!あああーっ!」
突然侵入してきた振動する異物の感触に、
ミィさんは身震いさせながら悲鳴を上げました。

「フフフ、ほら、すぐに気持ちよくなるぞ…」
私はそう言いながらオルガスターを回転させつつ
クリトリス用の突端を秘核に押し付けました。

[【ミィさん】 初調教(その10)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓