FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『ブルマコス(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんはブルマと体操着の上から菱縄で綿紐を掛けられ
全裸でソファに座る私のペニスに口唇奉仕を続けていました。

歓喜と恍惚の表情を浮かべて肉茎からアナルにかけてを
丁寧に舐めしゃぶりながら、自らのマゾヒズム的な興奮を
煽っている様子でした。

「おい、アキノ、リードをよこせ」
私は愛おしそうに淫猥な音を立ててペニスをしゃぶる彼女に
そう命じて手をだしました。

「あうう…かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは名残惜しそうに牡肉から口を離すと
床に転がるチェーンリードの取っ手を咥えて私の手に載せました。

「ホラ、いくぞ」
私はそう言って立ち上がるとチェーンリードを引っ張り
ベッドへと歩きはじめました。
アキノさんはリードに繋がった首輪を引かれて…
「あううう…」
と、苦しげな呻き声を上げながら四つん這いで従いました。
「ベッドに乗れ」
私がベッドの上からチェーンリードを引っ張って命じると…
「ううっ、かしこまりました、ご主人様…」
と彼女は答えてベッドに上がり仰向けになりました。

私は仰向けに寝たアキノさんの両膝の裏を持ち上げるように
M字に大きく開脚させました。

「フン、しゃぶっただけでマ○コ濡らしてるじゃねぇかよ」
ブルマのクロッチの部分は彼女の牝蜜による染みだけでなく、
溢れ出た蜜が白く泡立って溢れ出ていました。

「あぁ…はしたない奴隷で申し訳ございません…。
 ご主人様のオチ○チンをおしゃぶりしただけで
 こんなに濡らしてしまいました…」
アキノさんは羞恥心で耳まで真っ赤にしながらそう答えました。

私はベットリと濡れたブルマのクロッチを横にずらすと
そのままたっぷりと粘液で潤った彼女の花芯に肉茎を宛がい
一気に粘膜の狭筒の中へ押し入っていきました。

「あおっ!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは突然襲い来た粘膜の摩擦刺激に狂奔して
歓喜の咆哮を上げました。

「オラッ!気持ちいいのか、あん?」
「あうっ!いいっ!気持ちいいですっ!おおっ!あおっ!」
アキノさんはビクビクと身体を震わせながら狂喜して叫びました。

「オラ、奥に届くか、オラッ!」
「ううー!逝きますっ!あうっ!逝きますっ!ああっ!ああっ!」
「なんだ?逝っちゃう?」
「ああっ!逝っちゃうっ!ああっ!ああっ!ああーっ!」
アキノさんは叫び声を上げながら身体を小刻みに震わせて
軽いアクメに達して果てたようでした。

「フン、この間は彼氏のでも逝ったんだろ?」
「ううう…彼氏の指でも…逝きました…ううう…」
アキノさんは訊かれたくないことだったのか、泣きそうな表情で
力なく答えました。

「彼氏のチ○チンでは逝かなかったのか?」
私が揶揄するように言うと…
「彼氏のオチ○チンでは逝けないです…」
と答えづらそうにアキノさんは呟きました。

「フフン、なんでだ?」
「彼氏のオチ○チンでは…奥に届かないんです…」
アキノさんは屈辱感で泣きながらそう答えました。

「フフン、ここまで届かないのか…」
「ああっ!届かないです…。ご主人様みたいに届かないです!」
「フフン、ココが気持ちいいんだろう、オラオラオラ…」
私はアキノさんの屈辱感を煽りながら更に彼女が最も感じる
ポルチオを肉茎の先端で抉り続けました。

「ああっ!そこ、気持ちいいです。逝きそうです、逝きそうです…
 ああっ!逝くうっ!逝くううーーーっ!」
アキノさんはそう絶叫すると再び全身を硬直させながら
ビクビクと痙攣するように快楽の頂点へ昇り詰めていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
奴隷が恥ずかしがるのは

素敵ですねぇ

責めがいがありますよね(^_^;)

羨ましいですよ
2014/07/18(金) 11:38 | URL | デビルD #-[ 編集]
デビルDさんへ
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

羞恥心が強ければ強いほど
私も彼女も興奮が高まるんですよ(笑)。
こういうコスを着せるのも羞恥心を煽る効果もあって
プレイをするのも楽しめます。

仰る通り『責め甲斐』のある調教になりますね。

またお気軽にお立ち寄り下さい。
コメントもお待ちしております。

2014/07/18(金) 17:14 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2787-3c5b5549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック