FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


みなさま、こんにちは。亮です。
いつも続俤陵辱譚にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今日はプロ野球のオールスターゲームでしたね。

つい先日までサッカーのW杯の話題が中心だったので
プロ野球のことをスッカリ忘れていました。

第1戦は我がジャイアンツから先発がいなかったこともあって
あまり観る気がしませんでした。

オールスター戦は観ていて楽しいですね。
選手も真っ向勝負で臨んでいますから。
勝負にこだわることもプロとしては必要ですが
こういうお祭りのようなオールスターゲームで
全力真っ向勝負を観るのもスポーツの醍醐味ですね。

中でも今日の前田健太は圧巻でした。
まさに『球界のエース』と言えるような風格でしたね。
直球で力勝負をすることもあれば緩急をつける投球で幻惑したり
硬軟織り交ぜた投球で相手打者と勝負を楽しんでいるようでした。

それだけでなく、その後、解説者席に座って
他の選手のプレーを楽しみながら放送席で語っていて
その雰囲気に貫録のようなものを感じました。

そんな彼も入団2年目の頃にエースの背番号『18』を与えられた時
本人も不安だったようだし周囲にも異論があったそうです。
当時はまだ彼は一軍登板すらなかったわけですから
そう思われるのも当然ですよね。

ですが、当時の球団首脳陣から与えられた期待の言葉を受けて
そして、その言葉を信じて自分のポテンシャルを理解して、
その期待に応えようと自覚を持って努力するようになりました。
それが彼の成長にもつながりました。

彼は自分の能力と長所・短所をよく理解して勝つための投球術を考え
打者と勝負しながら自信をつけて成長していきました。
その積み重ねで彼は自信を持ち、誰もが認めるエースとなりました。

・首脳陣に期待されて、その期待の言葉を理解して信じる。
・その期待に応えようと最大限の努力する。
・期待に応えるために与えられた試練から逃げずに勝負する。
・勝負することで勝ったり負けたりしながら自分を磨く。
・自分を磨くことで強くなって自信を持つ。
・そして、エースとはどういう存在であるかを理解して振る舞う。

そうやって育ったエースとしての自信と実力の裏打ちがあるから
野球を楽しむ姿を見せることができて感動を与えられるのでしょう。

彼の自信に充ち溢れた笑顔が周囲を明るくし、
野球というスポーツの感動を観る者に与えてくれたように感じます。

エースはそういう積み重ねで育っていく。
そのエースが自分とチームと観る者に感動と多幸感を与える。

今後もマエケンには頑張って欲しいと思えた試合でした。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2796-392b865a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック