FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『奉仕と飲尿(その1)』まで。

**************************************************

初めての飲尿を経験したアキノさんはベッドルームに戻ると
綿紐でソファにM字開脚状態で縛られました。

その上でアイマスクギャグボールを嵌められて
視覚と言葉の自由も奪われました。
更に鈴付きニップルクリップで弱まった乳首粘膜に
低温蝋燭を垂らされて発狂したように絶叫しました。

「フフフ…お前は蝋燭が好きだからな…。
 熱さで発狂するまで責めてやるから歓べよ…」
私はそう言いながら更に乳首から腹部へと低温蝋燭
ポタポタと垂らしていきました。

「はうっ!おおっ!おおうっ!」
アキノさんは融けた蝋燭が垂れ落ちるたびに悲鳴をあげ
手足をバタつかせて抵抗しながら耐えていました。
「よしよし、じゃあもっとお前が楽しめるように責めてやろう」
私はそう言うと融けた蝋燭を彼女の秘所に垂らしました。

「ぎゃああっ!」
アキノさんは最も弱い粘膜に熱攻撃を与えられて
狂ったように泣き叫びました。

「フフフ…いい反応をするな。楽しませてくれるじゃねぇか…。
 ホラ、もっといい声で泣いてみせろ…」
私はそう言いながら立て続けにポタポタと蝋を垂らしました。

「ひいいっ!あおーっ!おおーっ!」
アキノさんは必死で蝋燭の攻撃から逃れようと抵抗しましたが
ガッチリと縛った綿紐が身体に食い込んで更に肢体を締めつける
苦しみが増していきました。

「ホラ、気持ちいいのも与えてやろう…」
私はディルドを手に取ると再び牝芯奥の子宮頸に叩きつけ
彼女を苦痛と快楽で混濁した意識へと陥れていきました。

「ホラ、マ○コを掘られて気持ちいいだろう…」
「おうっ!おおうっ!おおーっ!」
アキノさんはディルドの激しい責めを受けて一気に快楽の頂点へ
昇り詰めていく様子でした。

「いいぞ。そのまま逝ってみろ…」
「あうっ!おおっ!あおおっ!」
アキノさんは私のディルド攻撃を受けると大量に涎を垂れ流し、
膣の括約筋をキュウキュウと締め上げながら
快楽の頂点へと昇り詰めていく様子でした。

「ホラ、じゃあ大好きな蝋燭をマ○コに食らって逝け」
私はそう言いながらアキノさんのクリトリスへ蝋を垂らしながら
ディルドでアキノさんの膣内を激しく掻き回しました。

「おおーっ!おおーっ!」
アキノさんは熱と快楽との混じり合った強烈な刺激を受けて
絶叫しながら全身を痙攣させました。
そして彼女は一気に快楽の頂上へ昇り詰めて果てたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2818-c1efafc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック