FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


「こんなにケツを真っ赤にして…
 ホラ、お前もやりたかったんだろうが…」
ケダモノのように猛り狂った彼は本能のまま彼女を組み敷いた。

「いやぁ…子供の前ではいやっ!」
自分の子供を目の前にして押し倒された彼女は
形ばかりの抵抗を示す。

「フン、何言ってやがる。本当はやりたくて仕方ないんだろう。
 ホラ、こんなに発情してるじゃねぇかよ」
彼が言う通り、彼女のそこは既に真っ赤に充血していて
彼を受け入れるべく発情の兆候をしめしていた。

「いやっ、ダメよ。みんなが見ている前でそんなこと…」
彼女はそう言って抗うが…
「ケッ!見られてる方が本当は興奮するんだろうが…」
彼はそう言って彼女を嘲り屈辱感と羞恥心を煽った。

「あっ!いやっ!いやあっ!」
興奮の頂点に達した彼は彼女の絶叫にも耳を貸すことなく
いきり勃ったイチモツを彼女の中に押し込んでいった。

「ああっ!いやっ!ダメぇっ!やめてっ!いやあっ!」
彼女は狂乱しながら泣き叫び続けたが
彼は無視するようにただひたすらに腰を叩きつけるように
牡の肉塊を激しく抽送し続けた。

そして彼は天を仰ぐと雄叫びを上げながら
彼女の中に大量に精を放って果てたのだった。

(コレはあくまでも私の中の妄想です。事実ではありません!)

と、いうコトで、今日は久しぶりの【妄想劇場】です。

北海道旅行3日目は『旭山動物園』に行ってきました。
(下画像)


元々はかなり小さく経営危機で閉園寸前までいったのですが
見事に復活した動物園です。

特徴的に感じられたのは…

・人間と動物が近い
・動物たちが活動的

という印象でした。

普通の動物園ってはるか彼方で寝ている動物を見るのですが
ここの動物園ま間近で動いている動物を見られます。

人気の白熊舎は建物の地下から白熊が泳ぐ姿が見えるし
カプセルから顔を出して白熊を至近距離で見ることが出来ます。
(下画像)


ペンギンが水中トンネルの頭上を泳いでいたり、
レッサーパンダが頭上のつり橋を走り回っていたり、
カバが目の前を泳いでいたり…
キリンが首を伸ばして目の前で餌を食べていたり、

と、見ている客が退屈しないよう展示に工夫がされています。

で、あまりに近すぎて、チンパンジー舎では目の前で
♂と♀が交尾していました(笑)。
(下画像)


ちゃんと挿入シーンもモザイク無しで拝見出来ましたよ(笑)。

園内はそれほど広くなくて全部周っても3時間程度でした。
でも、至近距離で動物を見られるのは迫力があっていいですね。

オススメの動物園ですので、みなさまもぜひお立ち寄り下さい。



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2827-fe6ce078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック