FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『奉仕と飲尿(その1)』まで。

**************************************************

初めての飲尿を経験したアキノさんはベッドルームに戻ると
綿紐でソファにM字開脚状態で縛られました。

その上でアイマスクギャグボールを嵌められて
視覚と言葉の自由も奪われました。
更に女性器の最も弱い部分に低温蝋燭を垂らされて
発狂したように絶叫しながらディルド責めを受けて絶頂を迎えてから
アナルにペニスを受け入れました。

「おおっ!おぐうっ!おごおっ!」
アキノさんは排泄器官の粘膜を剛直で突き上げられると
括約筋をめくり上げながら激しく喘ぎました。
そして括約筋粘膜への刺激が強まるのに合わせて
括約筋をキュウキュウと締め上げてきました。
「おおっ、いいぞ、アキノもケツマ○コが気持ちよさそうじゃねぇか」
私が腰の律動を激しくしながら訊ねると
アキノさんは呻き声を発しながら何度も頷きました。

「フフン、ケツマ○コでも感じるようになったか、この変態女!」
「おおっ!おおおっ!おおーっ!」
私の蔑みの言葉にアキノさんは口から涎を溢れ出させながら
何度も頷き快楽の喘ぎ声を上げました。

「フフッ、ケツを掘られて喜ぶとは、お前は本当に変態だな。
 ホラッ!じゃあ、もっと喜ばせてやるよっ!」
私はそう言いながら腰の律動を速め、乳首に噛みつくクリップ
力任せに抓り上げました。

「ぐうーっ!うぐっ!むぐうっ!うぐうーっ!」
アキノさんは痛みと快楽と苦悶で絶叫を上げながら
髪を振り乱して顔を左右に振りました。
その苦悶が彼女の身体を更に緊張させ括約筋を締めつけました。

「おおっ!いいぞ!ケツマ○コがよく締まるぞっ!」
アキノさんは苦痛で身体を硬直させると更に括約筋が締まり
私の牡肉の興奮を頂点へと導いていきました。

「ぐうっ!うぐうっ!おごおっ!」
アキノさんは言葉にならないケダモノのような咆哮を上げながら
私の腰の動きに合わせるように腰を振り続けました。
そして男根の先端が直腸粘膜の奥を抉るように
自ら求めて腰を振り立てました。

「おうっ!逝くぞっ!逝くうっ!」
私はその刺激に耐えきれず、キュンキュン締まる直腸粘膜へ
熱い牡液を迸らせて果てました。

そして、私が脱力して萎えた肉塊を彼女の菊門から引き抜くと
ダラリと白濁した粘液が零れ落ち、ソファの革を濡らしたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2831-bcab12d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック