FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『3種の鞭(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは全裸で両脚の内側に腕を固定される姿勢で縛られて
M字に開脚させられました。
そしてうつ伏せに寝かされるとお尻を突き出す姿勢を取らされました。
アイマスクギャグボールを装着されると視界を奪われた不安で
言葉にならない呻き声を上げました。

彼女の突き出された股間の泉からは白く泡立った牝蜜が溢れ
パックリと開いた花弁の間から牡を誘う蜜の咆哮が漂いました。

「フフン、こんなにマ○コから涎を垂らしやがって…。
 よっぽど苛められたかったんだろう…」
私はアキノさんの背後から容赦なく牝芯へ指を押し込みました。

「はうっ!おうっ!おおっ!おうううっ!」
アキノさんは突然の指の挿入による圧迫刺激を受けると
お尻を左右に振りながら歓喜の呻き声を上げました。
「フフン、変態マゾ女が…。苛められたくてケツ振って喜んでるぜ」
私はアキノさんを蔑むように言うとヴァギナへ挿入する指を2本にし、
グリグリと中を掻き回す様に責め上げました。

「おううっ!おおっ!あおおっ!おううっ!」
アキノさんは背中に電気が走ったようにビクビクと身体を震わせ
打ち寄せる快楽の波に飲まれるように随喜し続けました。

「フフン、お前はコッチも好きなんだろうが…」
私はたっぷりと彼女自身の粘液の絡みついた指を抜くと
後ろの窄まりへとズブズブと指を埋め込んでいきました。

「はおおおっ!おおっ!あおおおっ!」
アキノさんは絶叫しながら身体を丸めるようにして呻き声を上げ
異物の侵入に拒むように括約筋を収縮させました。

「オラッ!力を抜けっ!痛い思いをするのはお前だぞっ!」
私はそう言って彼女の臀肉をピシャリと平手打ちしました。
「あふうっ!おおお~…」
アキノさんは私に叱られると身体の力を抜き括約筋を緩めました。
私はその弛緩に合わせて指を一番奥まで押し込むと
彼女の直腸粘膜を掻き毟るように刺激を与えました。

「おおっ!あおおっ!あごおっ!」
アキノさんは激しい粘膜への指刺激を受けると叫び声を上げ、
私の指を必死に受け入れようとしている様子でした。

「そうだ。力を抜いてもっと楽にしてみろ。
 そうすれば気持ちよくなれるからな…」
「おうう…あうう…おおお~…」
アキノさんは諦めたようなそれでいて嬉しそうな声で呻きながら
排泄孔の刺激を受け入れたように力を抜いていきました。

「ホラ、お前の大好きなヤツを入れてやる」
私はそう言って指を抜くと代わりに尻尾付きのアナルプラグ
パックリと弛緩して向かい入れ準備の出来た菊座に押し込みました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2843-9d5f773f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック