FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『3種の鞭(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは全裸で両脚の内側に腕を固定されM字開脚で縛られて
うつ伏せに寝かされるとお尻を突き出す姿勢を取らされました。
そしてアイマスクギャグボールを装着された上に
アナルへ尻尾付きプラグを押し込まれました。

その突き出された臀部はまずバラ鞭を、続けて乗馬鞭を受け
最後に一本鞭を受けました。

アキノさんは3種の鞭による苦痛をマゾヒストとして快楽に変換し
牝芯から大量の歓喜の蜜を溢れさせていました。

「フフン、ケツを鞭で叩かれてずいぶん喜んでるようだな…」
私は彼女を蔑みながら愛液の滴る蜜口に指を挿入しながら
乗馬鞭で臀部を叩き続けました。

「ひいっ!おふうっ!おおうっ!あおうっ!」
アキノさんは乗馬鞭での強烈な苦痛刺激を受けるたびに絶叫し
身体を硬直させて苦痛に耐えていました。
その硬直に合わせるように狭道が収縮し指を締め上げました。
「フフフ…ケツを叩くと嬉しくてマ○コが締まるじゃねぁか…。
 ホラ、じゃあもっと締めてみろ、ホラッ!」
私はそう言いながら乗馬鞭を繰り返し彼女のお尻に叩きつけ、
それに合わせるように指を抽送し内粘膜を掻きまわしました。

「あぐっ!おおっ!あひいっ!おおうっ!」
アキノさんは苦痛と快楽の混じり合った絶叫をい上げながら
身体を硬直させ膣粘膜を収縮させました。
その複雑な歓喜に合わせるように彼女の牝蜜は更に溢れ出て
私の指に絡みつきながらグチョグチョという卑猥な音を立てました。

「フフッ…じゃあもっと強烈なヤツをくれてやろう」
私はそう言うとバイブを手にとって彼女のたっぷりと潤った膣口へ
一気に押し込んでいきました。

「あおおっ!おおおっ!おおーっ!」
アキノさんは極太のバイブが体内に埋め込まれる感覚に
絶叫を上げて激しく歓喜の反応を締めました。

「オラッ、気持ちいいか、あん?」
私はバイブでアキノさんの奥を刺激し続けながら乗馬鞭を与え
彼女に答えを促しました。

「おうっ!あおうっ!おおうっ!」
アキノさんは呻きながら何度も激しく頷き歓喜の反応を示しました。
そしてバイブの前後律動に合わせて腰を振りながら
敏感な粘膜を掻き毟られる快楽を更に求めました。

「フフン、変態マゾ女はケツを叩かれてバイブでマ○コを掘られて
 ケツを振って大喜びだな。ホラ、もっと喜べ!」
私はそう蔑むように言うとバイブの前突起のスイッチを入れて
クリトリスへと振動刺激を与えました。

「おおおーっ!あおおおっ!あごおおっ!」
アキノさんは更に大きな声で絶叫すると全身を仰け反らせて痙攣し
一気に絶頂に登り詰めていく様子でした。

「オラッ!逝けっ!そのまま逝ってみろっ!」
私はそう命じながら乗馬鞭でアキノさんのお尻を叩き続け
合わせてバイブでの振動刺激を与えました。

「おおっ!おっ!あおおーっ!おおーっ!」
アキノさんは再び絶叫すると全身をビクビクと震わせながら硬直させ
呼吸を止めながら涎を大量に垂らして肉欲の頂点へ達したのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
亮さんへ
こんばんわぁ^^

鞭せめですねv-22
凄く大きな声で鳴いているんだろうなぁv-432

赤くなったお尻が印象的でしたぁ^^
2014/08/17(日) 17:59 | URL | モモ #-[ 編集]
モモさんへ
こんにちは。

さすがにこの日はかつてないくらいの絶叫でしたね。
一本鞭はバラ鞭に比べても破壊力抜群ですから。
お尻の皮膚も裂けて爛れて大変なことになりました。
しばらくは座るのも痛かったらしいですよ。

それでも喜ぶのがドMな彼女のいいところです(笑)
↑本人は「喜んでない」と言い張っていますが(笑)。
2014/08/18(月) 10:29 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2856-5e4aeaa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック