FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『3種の鞭(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは全裸で両脚の内側に腕を固定されM字開脚で縛られて
うつ伏せに寝かされるとお尻を突き出す姿勢を取らされました。
そしてアイマスクギャグボールを装着された上に
アナルへ尻尾付きプラグを押し込まれました。

アキノさんはバラ鞭乗馬鞭一本鞭を受けるとマゾヒストらしく
苦痛を快楽に変えて女芯から大量の愛液を溢れ出させました。

私は彼女のその反応を見ると指を蜜壺の中に押し込んで掻き回し
同時に乗馬鞭でお尻を叩いて苦痛と快楽を同時に与え、
更にバイブで膣奥を刺激して絶頂へと追い込みました。

快楽の頂点へと達して逝き果てたアキノさんは脱力したまま
ハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

「オラ、だらしねぇぞ。まだまだだよっ!」
私は更にバイブの幹部分の振動スイッチを入れると
彼女の膣奥の最も感じる部分へ押し付けて抉りました。
「あううっ!おおーっ!あおおーっ!」
アキノさんはビクッ、ビクッと激しく全身を痙攣させて再び身体を硬直させ
一気に絶頂へと再び昇り詰めていきました。

「オラッ!また逝けっ!」
「おおっ!おおーっ!あごおおーっ!」
私は再び乗馬鞭を飛ばして彼女の臀部に苦痛を与えると
そのまま全身を痙攣させるようにして再び絶頂を迎えて果てました。

「フフン、ケツを叩かれて逝けるようになったか…」
「うう~…くふう~…くうう~…」
アキノさんは私に言われて力なく頷くと小刻みにお尻を震わせました。

「そうか。変態マゾ女はケツを叩かれて逝けるようになったか…」
私は嘲りながら乗馬鞭でお尻をピシャピシャと叩き続けました。
「うう~…くううっ…くふう~…」
アキノさんは泣き声を上げて嗚咽しながら顔を枕に押しつけました。

「オラッ、まだまだこれからだぞっ!」
私はそう言って再びバイブの振動を強めて中を掻き回す様に動かし
合わせて乗馬鞭でお尻を叩きました。

「ひいいっ!おおーっ!あおおおっ!」
アキノさんはそう絶叫すると全身を硬直させながらビクビクと震わせ
一気に絶頂へと昇り詰めていきました。

「ホラッ!逝けっ!」
「あごおーっ!」
アキノさんは悲鳴のような絶叫を上げると苦痛と快楽に溺れるように
一気にエクスタシーを迎えて果てました。

「ホラ、まだまだなんだよ」
「おおうっ!おおおーっ!あおおおーっ!」
私が繰り返しバイブで感度の高まった快楽受容器を刺激し続けると
再び彼女は絶頂に達しました。

「そうだ、いいぞ。もっと逝け。何度も逝くんだよっ!」
「あぐーっ!あごおーっ!はがーっ!」
バイブでの振動刺激に加えて乗馬鞭での苦痛刺激も与えると
アキノさんは繰り返し何度も絶頂を迎えては果てました。

そして繰り返しのエクスタシーで力果てるとグッタリと脱力し
やがて動かなくなったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
亮さんへ
こんばんわぁ^^

一本鞭の刺激は1回だけ思いっきりではないですが経験ありますね、
バラ鞭も何度かありますがv-21

スパンキングだけで逝けるのは凄いなぁーモモには出来ないので

以前、女2人男1人での3Pした際に、目の前でスパンキングだけで逝くのを目の当たりにした時はビックリしたのを覚えています。

2014/08/18(月) 21:37 | URL | モモ #-[ 編集]
モモさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

アキノさんも痛みで喜ぶようになったのは
最近やっとですよ(笑)。
今でも鞭は怖いので嫌がりますから。

でも、実際にやってみると興奮するらしいんですよね。
本人は否定していますが今後も鞭は使おうと思っています。

またコメントいただけると嬉しいです!
2014/08/19(火) 15:49 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2859-b86ea29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック