FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『3種の鞭(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは全裸で両脚の内側に腕を固定されM字開脚で縛られて
うつ伏せに寝かされるとお尻を突き出す姿勢を取らされました。
そしてアイマスクギャグボールを装着された上に
アナルへ尻尾付きプラグを押し込まれました。

アキノさんはバラ鞭乗馬鞭一本鞭を受けるとマゾヒストらしく
苦痛を快楽に変えて女芯から大量の愛液を溢れ出させました。

私は大量に蜜の溢れ出たアキノさんの秘所にバイブを挿入し
中とクリトリスに振動刺激を与えて連続絶頂を与えました。

そして、最後に私自身にコンドームを被せて押し入って行くと
突き上げとお尻への平手打ちで再び絶頂へ追い込んだのです。

「オラッ!まだ終わりじゃねぇんだよ、だらしねぇな…」
私はそう言うと乗馬を拾ってアキノさんのお尻を叩きました。

「ひいいっ!」
呆然自失だったアキノさんはお尻の激しい痛みで正気を取り戻し
背中を仰け反らせて身体を硬直させました。

「オラッ、変態マゾ女はケツをで叩かれて嬉しいんだろうがっ!」
私はそう言いながら繰り返しお尻を乗馬で叩きながら
腰を前後律動させ彼女の粘膜道の奥へ肉杭を打ち込みました。

「あひいっ!おおっ!あおおおっ!おおおーーーっ!」
アキノさんが絶叫を上げると再び痛みと快楽による刺激で膣が締まり
グイグイと肉棒の飲みこみながら昇り詰めていきました。
そして苦痛と快楽の強烈な刺激で絶頂を迎えて果てました。

「フフン、ケツの痛みでも逝けるようになったじゃねぇか。
 ホラ、じゃあもっとマ○コを掻き回してやるからケツ叩かれて逝けっ」
「あおっ!おおっ!あおおおーーっ!」
アキノさんはケダモノの咆哮を上げながらと突きとの合わせた攻撃で
気も狂わんばかりに乱れました。
そして自分でも歯止めが効かないほど激しい肉欲の渦に巻き込まれ
果てしない快楽の波に溺れて行くようでした。

「おおっ!いいぞっ!そうだ!もっと逝けっ!」
「あおっ!おおっ!あうううっ!おおおっ!」
アキノさんの狂気の叫びが上がるたびに膣粘膜がギュウギュウ締まり
私の肉竿を締め上げ興奮を押し上げてきました。

「ううっ!逝くぞ!このまま逝くぞっ!」
私自身も我慢の臨界点を超えると一気に彼女の中に熱い粘液を
噴射しました。

「あおおっ!おおっ!おおーっ!あおおおっ!」
アキノさんは体内に牡の激しい熱を感じると、
それを貪るように腰をくねらせて肉竿を奥へ奥へと飲み込みました。

そして安らぎを与えられたような穏やかの表情を浮かべて
呆然としたまま動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2862-b0b3c127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック