FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『東北旅行(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは既に到着していました。

早起きしたこともあってか、眠そうな表情で私を待っていました。

「おはよう。よく起きられたな」
「はい。楽しみにしていたので頑張って起きました」
アキノさんはそういうと嬉しそうに微笑んで私についてきました。

私達はそのまま新幹線に乗ると東北へ向かいました。
東北新幹線で仙台に到着すると、まず私はレンタカーを借りて
仕事に向かいました。
その間、アキノさんは仙台駅周辺を観光しているように命じました。

私は必要な仕事を午前中で済ませると彼女を再び拾って
午後からは観光に出かけました。

まずは塩釜の漁港に行き地元の寿司屋で腹ごしらえしました。
(その時の美味しかったお寿司のお話はコチラ!)

その後は海へ向かい、日本三景の1つである松島を見てきました。
そのついでに瑞巌寺に立ち寄って東北の名刹を見学。
(その時の旅の模様はコチラ!)

アキノさんも初めて来る土地で美しい景色と荘厳なお寺を見て
感激と感動していた様子でした。

一通り観光を終えると私達は予約している温泉宿へ向かいました。

予約していたのは山間のひなびた温泉宿でした。
閑静な雰囲気と自然に囲まれた周囲の雰囲気がよく
部屋からの新緑が見える景色もキレイな宿でした。

「こういう温泉宿に来てみたかったんです」
とアキノさんも素直に喜んでいました。

「では、着替えて温泉に入りに行こうか」
私がそう言うとアキノさんは嬉しそうに頷き
温泉旅館の浴衣に着替えました。

そして私達は早い時間から二人でゆっくり温泉に入ることにしました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
いよいよ温泉旅行ですね

旅行での調教は・・・

どのくらいまで声をあげていいのか
土地勘もないので露出するのにも
躊躇してしまいます。

亮さんの調教を参考にしたいです。
楽しみにしております。
2014/08/23(土) 12:35 | URL | デビルD #-[ 編集]
デビルDさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

そうなんですよ。
旅館やホテルによっては声が漏れますからね。
大声に従業員が驚いたら通報されかねません。
特にSMで縛ったり鞭打ちしてたりしたら
言い逃れできませんからね(笑)。

参考と言われると恐縮してしまいますが…(笑)。
今後もお楽しみいただければ光栄です。
2014/08/28(木) 05:55 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2869-f7d50f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック