FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『東北旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は温泉宿に到着すると早速旅館の浴衣に着替え
貸切り露天風呂へ向かいました。

渓流に面した解放感のある露天風呂に彼女と入ると
彼女は全身にボディソープを塗って私に抱きつき
身体をくねらせながら密着させて私の身体を洗いました。

「よし、いいだろう。じゃあ最後の仕上げをしなさい」
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
私の膝の上に乗って全身泡みみれのまま身体を密着させ
私の身体を洗っていたアキノさんは私の命令に従い、
シャワーヘッドを手にとって私の身体の泡を流していきました。
「よし、いいぞ。ここに座りなさい」
全身の泡を流し終えたところで私は立ち上がると
アキノさんに目の前の床に座るように命じました。

「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
何をされるか悟ったアキノさんはウットリした表情を浮かべながら
命じられた通りに私の前に跪きました。

「ホラ、咥えろ…」
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私に促されると私の股間に顔を寄せて口を開き
肉棒に手を添えてゆっくりと口に含みました。

私は黙ったまま彼女の口の中に黄金の液体を放ち始めました。

「むぐっ…うぐうっ…」
アキノさんは驚いた様子で慌てて顔を離そうとしましたが、
「オラッ、しっかり飲めっ!」
と私に叱られて頭を押さえつけられて動きを封じられました。

「ぐうっ…むぐうっ…」
アキノさんは眉間に深い皺を浮かべながら上目遣いに私を見て
苦しそうに呻きながらも必死に口の中に放たれる醜悪な液体を
飲み干そうと努力している様子でした。

「ホラッ、こぼさず飲め…」
私は有無を言わせない冷徹な口調で彼女にそう命じると
彼女は目を閉じて必死の形相で排泄液を飲み続けました。

「ぐふっ…んぐっ…げふっ…ぐふっ…」
アキノさんは苦悶と嫌悪の入り混じった声を漏らしながら
口の中のむせ返るような悪臭に耐えている様子でした。

「そうだ。いいぞ。ちゃんと飲めるようになったじゃねぇか…」
私は必死に耐えながら飲尿を続けるアキノさんにそう言いながら
優しく髪を撫でて彼女の努力を褒めました。

彼女はそう言われてやや嬉しそうにはにかむと
口の中に溢れた液体をすべて飲み干そうとしていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2880-8c8c2ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック