FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

調教の指定当日、私は調教道具を持参して待ち合わせ場所に行くと
アキノさんはいつもの通り先に到着して私を待っていました。

私は彼女に歩み寄ると
「はい、おはよう。お待たせしたね」
とにこやかに声を掛けました。

アキノさんはこの後の恐怖の調教を前にして緊張の面持ちで
「あ、はい、おはようございます…」
と消え入りそうな声で答えて、私の後についてきました。

私はアキノさんの気持ちを上げようと、楽しかった旅行の話をしながら
いつも使うホテルへ向かって歩いて行きました。
そしてフロントを通って部屋に入りました。

ホテルの部屋に入ると私はいつものように奥のソファに腰掛けて
調教道具を広げて準備を始めました。
アキノさんは居場所に困った様子で私の目の前の床に正座すると
ジッと私の作業を見つめていました。

バッグの中から3種類のを取り出すと、アキノさんの表情が曇り
青ざめていくのが感じられました。

「フフフ、何だ、が恐いのか?」
私はそう言って笑いながらアキノさんを威嚇するように
目の前で乗馬鞭をヒュン、ヒュンと呻らせながら振って見せました。

アキノさんは恐れ慄いた様子で困惑の表情を浮かべ…
「はい、ご主人様、恐いです…。
 前回の3種類の調教で本当に痛くて苦しかったので…
 バラ鞭はまだ耐えられそうですが、乗馬鞭一本鞭はつらいです」
と今にも泣き出しそうな声でそう答えました。

「フフフ…そうか、そんなに苦しかったか…。
 じゃあ、今日はもっと苦しい思いをしてもらおう。
 たっぷり調教してやるから楽しみにしていなさい」
私はそう言って笑いながら乗馬鞭を繰り返し振り続けました。

「はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは既に涙交じりの声でそう答えると
潤んだ瞳を私に向けてジッと私を見つめました。

「よし、じゃあ脱いでみろ」
私はそう言って彼女の膝をスカートの上から乗馬鞭で叩きました。
ピシャリという皮膚の弾ける音とともに
「あううっ、は、はい、ご主人様…」
とアキノさんは答えて立ち上がりました。

そして命じられた通りに丁寧に服を脱いで全裸になったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2908-99fbddfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック