FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんを後ろ手に縛ってうつ伏せにしてお尻を突き出させ
たっぷりと蜜が溢れ出すヴァギナに尻尾付きのアナルプラグを入れ
溢れた牝蜜を絡めてからアナルに押し込みました。

「あふううっ!おおっ!いいっ!気持ちいいっ!ケツマ○コいいっ!」
アキノさんは全身をマゾヒズムの興奮に震わせながら
直腸粘膜を圧迫するシリコンの感触に歓喜の声を上げました。

「フフン、じゃあもっと変態のマゾ女を喜ばせてやろう」
私はそう言って立ち上がると調教バッグの中から乗馬鞭を取り出し
アキノさんの臀部をピシャリと叩きました。
「ひいいっ!」
アキノさんは突然襲ってきた痛みに悲鳴を上げて身体を収縮させました。

「ホラ、マゾ女、嬉しいだろう」
私はそう言いながら乗馬鞭を小さく振ってしなりを与えながら
アキノさんのお尻をピシャピシャと叩き続けました。

「あううっ!おおっ!ひいっ!ああっ!」
アキノさんはもっとも苦手とする打ちの苦痛に身体を硬直させて
言葉にならない悲鳴を上げながら耐えていました。

「オラッ!どうなんだよっ!何とか言ってみろっ!」
私は強い口調で言うと、その口調に合わせるように強い力を込め
乗馬鞭をアキノさんの真っ白な臀部に叩きつけました。

「あぐううっ!」
アキノさんは息を飲むような低い呻き声を上げると身体を震わせて
強烈な痛みに必死に耐えている様子でした。
彼女の白いお尻には一筋のミミズ腫れのような痕が走り、
見るみると白い肌が紅潮していくのが見てとれました。

「オラッ、何とか言ってみろと言ってるんだよ…」
私はそう言いながらアキノさんの赤く腫れ上がったお尻の鞭痕を
足先でグリグリと踏みにじりました。

「あっ!あううっ!ああっ!う、嬉しいですっ!嬉しいです、ご主人様」
アキノさんは促されてやっと気付いたようで必死に許しを乞いながら
そう答えました。

「フン、訊かれたコトにはキチンと答えろっ!」
私はそう厳しく言い放つと再び乗馬鞭で罰を与えました。

「ひいっ!ごめんなさい、ごめんなさいっ、ご主人様っ!
 嬉しいですっ!嬉しいです、ご主人様っ!」
アキノさんは乗馬鞭の強烈な痛みに耐えながら声の限りの答えて
必死に許しを乞うていました。

「オラッ!嬉しいか、この変態マゾ女っ!」
「ひいっ!嬉しいですっ!嬉しいです、ご主人様っ!」
私が乗馬鞭で叩きながら訊ねるたびにアキノさんはお約束のように答え
全身を苦痛と恐怖に震わせながら必死で耐え続けていました。

そして、彼女の臀部がみるみる赤く腫れ上がるのを見つめながら
私はサディスティックな興奮が自分の中で高まるのを感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2915-f5b6488b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック