FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんを後ろ手に縛ってうつ伏せにしてお尻を突き出させ
たっぷりと蜜が溢れ出すヴァギナに尻尾付きのアナルプラグを入れ
溢れた牝蜜を絡めてからアナルに押し込みました。
その上で乗馬鞭バラ鞭でアキノさんのお尻を繰り返し叩きました。

「あうっ!ひいっ!おううっ!あおうっ!」
アキノさんはで打たれるたびに泣きながら絶叫を上げ続け
身体を硬直させながらブルブルと震わせて痛みに耐えていました。

鞭の衝撃を受けるたびに彼女のお尻の肉は熱を帯びて紅潮し
更に鞭打ちを受けると皮膚が紫色に変色し皮膚が裂け、
白く滑らかな肌が爛れた皮膚へと変貌していきました。
「オラッ!何とか言ってみろよっ!」
私はそう言いながら足先でグリグリと裂けた皮膚を踏み躙ると
「あぐううっ!う、嬉しいです、ご主人様。嬉しいです…」
とアキノさんは涙交じりの声で必死にそう答えました。

「フフン、ケツをで叩かれて嬉しいってか、この変態マゾ女!。
 じゃあ、もっと喜ぶようにしてやるよ」
私はそういうと尻尾付きのプラグを引き抜き、入れ替えるように
アタッチメント付きの電マを牝涎を垂らす蜜壺に押し込みました。

「あうううっ!あふううっ!」
アキノさんは突然押し込まれたシリコンの圧迫刺激で
身体を仰け反らせて喘ぎました。

「フフン、お前はケツを叩かれてドロドロにマ○コ濡らしてるんだな。
 お前はこういう痛い思いをした方がマ○コ汁が溢れるんだろ。
 打ちされてマ○コ濡らして喜ぶんだから本当の変態だな」
私はそう言いながら彼女の体内に埋め込んだアタッチメント
グリグリと回転させて膣粘膜を刺激しました。

「ああっ!いいですっ!気持ちいいですっ!
 はい、私はお尻をで叩かれてオマ○コ濡らしています。
 もっと苛められたいです…」
アキノさんはそう答えながらビクビクと身体を震わせました。

「ホラ、じゃあもっと喜べよ…」
私は冷淡にそういうと電マのスイッチを入れアタッチメントで
彼女の体内に振動刺激を与えながら淫核も刺激しました。

「はあああっ!いいっ!気持ちいいっ!オマ○コいいっ!」
アキノさんは口から泡を飛ばしながら絶叫して仰け反り
背中からお尻にかけてを痙攣させるようにビクビクと震わせました。

「オラッ!いいか?あん?」
「あううっ!いいですっ!オマ○コ、気持ちいいですっ!」
アキノさんは激しく絶叫すると身体を硬直させて内腿を震わせ
振動刺激を受ける淫唇から括約筋をグイグイと締め上げました。

「ホラ、逝きそうなんだろうが…。逝きたければ逝っていいぞ…」
「ああっ!いいですっ!逝きそうですっ!逝ってもいいですかっ?
 逝かせて下さい、ご主人様っ!ああっ!ああーっ!」
アキノさんは私に許しを乞うように絶叫しながら全身を硬直させ
一気に快楽の頂点へと昇り詰めて逝きました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2917-e33c7edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック