FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんを後ろ手に縛ってうつ伏せにしてお尻を突き出させ
たっぷりと蜜が溢れ出すヴァギナに尻尾付きのアナルプラグを入れ
溢れた牝蜜を絡めてからアナルに押し込みました。

その上で乗馬鞭バラ鞭でアキノさんのお尻を繰り返し叩くと、
打ちの苦痛と恐怖で絶叫を上げました。

私はアキノさんを逃げられないように再び同じ姿勢で抑え込むと
アタッチメントを装着した電マを鞭打ち刺激で大量に愛液を垂らした
彼女のヴァギナに押し込んでスイッチを入れました。

「あおっ!おおっ!いいっ!気持ちいいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!」
アキノさんは発狂したように叫び声を上げながらお尻を左右に振り
電マの振動刺激を淫核と膣粘膜で受け止めていました。
「オラッ!そんなにマ○コが気持ちいいか?、この淫乱女!」
「あうっ!はい、気持ちいいです、ご主人様っ!
 気持ち良すぎてオマ○コ、おかしくなりそうです。
 ああっ!逝きそうですっ!逝きますっ!逝きますうーっ!」
アキノさんはそう絶叫すると全身を硬直させて身体を震わせながら
一気に快楽の頂点へと昇り詰めていきました。

「ケッ!簡単に逝きやがって…。どんだけ淫乱なんだよ…」
「あうう…申し訳ございません、ご主人様…ハァハァ…ううう…」
アキノさんは私に蔑まれると力の抜けた状態で激しく呼吸しながら
申し訳なさそうに答えました。

「フン、じゃあ淫乱の変態マゾ女がもっと逝きやすくしてやるからな…」
私はそう言うと再び電マを彼女の膝の裏に乗せた枕の上で固定し
彼女の秘所に強く押し付けて振動を強に切り替えました。

「はううっ!おおーっ!」
アキノさんは再び襲ってきた強力な振動刺激に身体を仰け反らせて
発狂したような絶叫を上げました。

「オラッ!気持ちいいか、あん?」
私は冷徹に言い放つと足先で電マを抑えてグリグリと彼女の秘所に
アタッチメントを押し付けて更に刺激を強めました。

「あううっ!いいっ!すごいっ!ああっ!逝くっ!逝くうっ!
 また逝きそうです、ご主人様っ!逝くうーーっ!」
アキノさんは電マの強烈な刺激を受けて再び昇天すると崩れ落ち
グッタリとしたまま激しく呼吸をつづけました。

「オラッ!まだまだ終わりじゃねぇだろうがよっ!」
私は厳しい口調でそう言い放つと更に足先に力を込めて
グリグリと電マを押しつけました。

「あおっ!おおっ!また逝くっ!また逝くうっ!」
アキノさんは枕に顔を伏せて口から泡を吹き出しながら絶叫し、
再び身体を硬直させて一気にエクスタシーへと昇って行きました。

私はその姿を見つめながら、彼女がマゾヒストとして開花して
更に自分の快楽を解放している姿を目の当たりにしたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
勇気を出して・・・
亮さま

こちらでは初めましてとなります。
私のBlogへのリプライでも書きましたが、もう随分長い間の愛読者の一人です。
私がBlogを書いてみようと思ったキッカケになったお一人でもあるんです。

アキノさんのフォロワーでもあるので、両方の心の動きが分かって、それもまたドキドキしてしまう要因なんですよね。

プレイとしても私に多大な影響を与えてくださったお一人だとも思っています。

これからもますますエロく、サディスティックに書き綴ってくださいね。
楽しみにしております。(^^)

粋永
2014/09/29(月) 17:55 | URL | 粋永(すいえい) #GCA3nAmE[ 編集]
粋永(すいえい)さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

かなり以前からご愛読いただいていたようで
本当にありがとうございます。
拙ブログをキッカケにしていただけたと思うと
感謝の念に堪えません。

ツイッターもフォローしていただいていたのですね。
アキノもフォローしていただき、併せて御礼申し上げます。

いやいや、過分なお褒めのお言葉をいただき恐縮です。
文章で書くと過激に感じますが
実際にしているプレイは結構グダグダだったりしますので(笑)。

今後もご期待に沿えるよう書き綴っていきたいと思います。
今後も応援、よろしくお願いします。

当方もリンクを貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2014/10/02(木) 01:36 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2919-a6ae8f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック