FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんを後ろ手に縛ってうつ伏せにしてお尻を突き出させ
たっぷりと蜜が溢れ出すヴァギナに尻尾付きのアナルプラグを入れ
溢れた牝蜜を絡めてからアナルに押し込みました。

その上で乗馬鞭バラ鞭でアキノさんのお尻を繰り返し叩くと、
打ちの苦痛と恐怖で絶叫を上げました。

私はアキノさんを逃げられないように再び同じ姿勢で抑え込むと
アタッチメントを装着した電マを鞭打ち刺激で大量に愛液を垂らした
ヴァギナに押し込んでスイッチを入れ何度も絶頂へと追い上げました。
何度目かの絶頂の後、アキノさんは完全に脱力して茫然自失となり
ハァハァと激しく呼吸をしたまま電マの刺激を受けても動かなくなりました。

「オラッ!まだボケッとしてるんじゃねぇよっ!」
私はアキノさんのお尻目がけてバラ鞭を振り降ろしました。

「ぎゃあああっ!」
アキノさんは茫然として無防備だった状態に突然強烈なを受け
苦痛で絶叫を上げました。

「オラッ!ボケてる場合じゃねぇんだよ…」
私はそう言いながらグリグリと足で電マを押しつけました。
「あうう~…申し訳ございません、ご主人様…ううう~…」
アキノさんは涙声でそう詫びるとヴァギナへの振動刺激を受けて
再び身悶えしました。

「オラッ!変態マゾ女っ!ケツ叩かれてマ○コから涎垂らして喜べっ!」
私はそう言いながら再びバラ鞭をアキノさんのお尻に叩きつけました。
「はぐうううっ!」
アキノさんは息を飲むような激しい呻き声を上げて身体を硬直させ
による強烈な痛みに必死に耐えていました。

「フン、オラ、何とか言うことがあるんじゃねぇのか?」
私はそう言いながら再び電マをアキノさんの秘所に押し付けて
激しい振動刺激を与えました。

「あううっ!はあっ!いいっ!ご主人様、オマ○コ気持ちいいっ!
 嬉しいですっ!ご主人様、嬉しいですっ!あおっ!おおーっ!」
アキノさんは呻くように歓喜の叫び声を上げながら
お尻を左右に振って、バラ鞭の苦痛と電マの振動刺激の快楽に
激しい嬌態を示したのです。

「ホラッ!ケツ叩かれて嬉しいのか、この変態マゾ女っ!」
「ひいいっ!嬉しいですっ!ご主人様、嬉しいですっ!あおおっ!。
 オマ○コ、気持ちいいっ!ああっ!逝きそうっ!逝きますうーっ!」
アキノさんはバラ鞭電マの混合刺激を浴びながら絶叫すると
快楽が堰を切ったように溢れ出し大量の愛液を垂らしました。

そして再び全身をビクビクと痙攣させながら絶頂を迎えて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2920-630c2dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック