FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『鞭痕に熱蝋(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんを後ろ手に縛ってうつ伏せにしてお尻を突き出させ
たっぷりと蜜が溢れ出すヴァギナに尻尾付きのアナルプラグを入れ
溢れた牝蜜を絡めてからアナルに押し込みました。

その上で私はアタッチメントを装着した電マをアキノさんの秘所に挿入し
振動刺激を与えながらバラ鞭での苦痛を与え絶頂へと追い上げました。

私は更に打ちで裂け爛れたお尻の皮膚に熱で融けたを垂らし
同時に電マを押し付けると振動による快楽とによる苦痛とで
再びエクスタシーへと昇り詰めたのです。

その後、私はペニスにコンドームを被せてから後背位で挿入し
お尻を平手打ちしながら再びアキノさんを絶頂へ導きました。
「フフン、ケツ叩かれながらマ○コ掘られて逝ったか?。
 本当にお前は変態のマゾ女だな…。
 オラッ!まだ終わってねぇだろうがっ!」
私はお尻を再び平手打ちしてアキノさんを意識を取り戻させると
再び後ろから叩きつけるような肉茎のストロークを与えました。

「あひっ!あふっ!おおっ!オマ○コ、気持ちいいっ!
 ご主人様っ!オマ○コ、気持ちいいですっ!」
アキノさんはロレツの回らなくなったような口調でそう叫ぶと
再び私の腰の動きに合わせて自らお尻を振り始めました。

「オラッ!気持ちいいかっ、この変態マゾ女っ!」
「あひいっ!気持ちいいですっ!オマ○コ、気持ちいいですっ!
 お尻も気持ちいいですっ!もっと叩いて下さいっ!」
アキノさんは快楽と同時にお尻を叩かれる苦痛の刺激を求め
自らマゾヒストとして蔑まれる喜びを感じていました。

「何だ?ケツ叩かれて嬉しいのか、この変態女っ!」
「ひいっ!嬉しいですっ!お尻を叩かれて嬉しいですっ!
 私はお尻もオマ○コも大好きな変態の淫乱マゾ女ですっ!。
 ああっ!もっと…もっとお願いしますっ!もっと叩いて下さいっ!
 逝きそうですっ!もっと突いて下さい。もっと叩いて下さいっ!」
アキノさんはそう自らマゾヒスティックな刺激を求める叫び声を上げ
与えられる刺激に酔うようにして再び絶頂を迎えました。

「おおっ!いいぞっ!もっと逝けっ!私も逝くぞっ!」
「ああっ!ご主人様、逝って下さい…一緒に逝って下さい…。
 奴隷のオマ○コで逝って下さいーーーっ!」
アキノさんは絶叫と同時に自らも快楽の頂点へ再び昇り詰め、
それと同時に括約筋を強力に収縮させました。

私はその包み込むような牝肉の刺激に勝てず
一気に興奮を彼女の中で爆発させて果てました。

そうして私たちはグッタリとベッドに崩れ落ちると
しばらく茫然としたまま動ず放心したまましばらく過ごしたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2927-6ad6a88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック