FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『グッズ新調(その1)』まで。

**************************************************

私は翌週にアキノさんを調教する日程を組みました。
彼女の休日を選んで日程を選び、いつもの待ち合わせ場所を指定し
彼女と逢うことにしました。

当日の朝、私はアキノさんに命令のメールを送りました。

> 今日の調教はノーパン、ノーブラできなさい。
> アナルにはウサギの尻尾をつけたプラグを挿入してきなさい。
> 乳首には購入したニップルリングを着けてきなさい。

するとアキノさんからはすぐに返信が送られてきました。

> ご主人様、かしこまりました。ご命令、ありがとうございます。
> 今回のウサギの尻尾は短いのでスカートから出ないので安心です。
> ノーパンでプラグを入れると抜けそうになるので不安ですが。
> 乳首のニップルリングも着けて参ります。
> ご主人様に見ていただけるのが楽しみです。

と、嬉しそうな文面のメールが送られてきました。
当日、待ち合わせ場所に行くとアキノさんは既に到着しており
恥ずかしそうに俯いていました。

いつもは私を見つけると歩み寄ってくるのですが
その日はモジモジしたままジッと動かず私を見つめていました。

「おはよう。どうした?」
私がそう訊ねると、彼女は困惑した恥ずかしそうな表情を浮かべ
「あの…歩いたらプラグが抜けそうです…。
 下着を穿いていないので…抜けたら落ちてしまうので…」
と恥ずかしそうに俯いて彼女は答えました。

「フフフ…そうか。では、早く部屋に入ろうか…」
私はそう言うとツカツカとホテルに向かって歩き出しました。
アキノさんは今にも抜けそうなプラグを必死で落ちないように締め
ヒョコヒョコと不格好で歩きながらついてきました。

「フフン。もっと気持ちとケツを引き締めないと抜けるぞ」
私が振り向いてからかうように言い放つと、
アキノさんは耳まで真っ赤に染めて恥ずかしそうに俯き
トイレを我慢するようにお尻を突き出しながら歩き続けました。

私はその様子を嘲るような微笑みを浮かべて見つめながら
容赦することなくツカツカと歩みを進めました。

私たちはいつものホテルでチェックインを済ませると部屋に入り
私はいつもの通り奥のソファに深々と腰掛けました。
アキノさんは躾けられた通り、私の目の前に正座しました。

「どれ、じゃあ新しいグッズを見せてもらおうか…」
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私に命じられると素直にうなずいて
持参したバッグの中から自分で購入したアイマスク
ギャグボールを取り出しました。

「他にも買ったものがあるだろう…」
「あ、はい、ご主人様…」
アキノさんは私に促されると頷いてから立ち上がり
上着を脱いで上半身裸になって乳首にぶら下がった
ニップルリングを曝け出しました。

そして私に背中を向けてうつ伏せになってお尻を突き出すと
スカートをめくってアナルに差し込まれたウサギの尻尾の付いた
プラグを私に曝け出しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
自分で買わせる
こんばんは!粋永です。
早速亮さんの真似をさせていただいてます。(^^ゞ

前回の亮さんのエントリーにあったように、自分で買わせることが一つのポイントのような気がします。
私はいつも自分で買っていますし、奴隷の数だけ玩具も必要となります。そしていつもどれにしよう?って悩むのてすが、「そうだ、自分で買わせるのもアリだな」って思いました。

東京のように女性だけで入れるアダルトグッズ屋さんは近くになさそうですが、ネットだったら気軽に買えますしね。

真実さんのエントリーにありましたが、折檻される鞭を自分で買われたみたいですし、そういうところからプレイが始まっているような気がします。

アナルのウサギの尻尾・・・アキノさんに似合いそうです。って拝見したことはありませんが、何となくのイメージです。www

またお邪魔させてくださいね。

粋永
2014/10/06(月) 21:17 | URL | 粋永(すいえい) #GCA3nAmE[ 編集]
粋永(すいえい)さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

都内は結構気軽に入れるアダルトショップがあって
何度か奴隷さんたちを連れて行ったことがあります。

アキノさんはそんな経験もあって、友達が行きたいというと
連れて行ってあげるらしいです(笑)。

最近はネットでも十分に欲しいものが買えますからね。
郵送するのもアダルトグッズとわからないように
カムフラージュの包装もしてくれますし。

女性も自分で好きなものを購入するのが
楽しめるようになったのかもしれません。

またお気軽にコメント下さいね。
2014/10/08(水) 09:43 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2936-fbcb4b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック