FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『グッズ新調(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは自ら新しく購入したグッズでの調教してほしいと
私に願望をメールで送ってきました。

そこで私は彼女に新しく購入したニップルリング
ウサギの尻尾がついたプラグを身につけてノーパン・ノーブラで
当日は待ち合わせ場所に来るよう命じました。

そして、ホテルに入って彼女を全裸すると持参した新しいアイマスク
ギャグボールを装着し、首輪と嵌められて四つん這いの格好をさせて
乗馬鞭で叩きながら指でヴァギナの中を刺激して絶頂に導きました。

「ホラッ、ボケッとしてるんじゃねぇよ!」
私は平手でアキノさんのお尻を叩くと彼女の腰を掴んで引き上げ
再び四つん這いの姿勢ととらせました。

「ううう…」
アキノさん脱力した声で呻きながらもされるがままに腰を持ち上げ
後ろにお尻を突き出す姿勢をとりました。

私は素早くコンドームをペニスに被せると後背位で彼女の中に
押し入って行きました。
「あぐううっ!あううっ!」
アキノさんは肉茎の押し入ってくる圧迫感を感じて喘ぎ声を上げ
背中を震わせながら括約筋をヒクヒクと蠢かせました。

私はアキノさんのその様子を見ながら腰骨を掴むと
恥骨を叩きつけるように激しく腰を打ちつけました。

「あうっ!はうっ!おうっ!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは歓喜の咆哮を上げながら私のペニスの刺激を受け
更なる刺激を求めるように彼女も身体をくねらせました。

「オラッ!気持ちいいかっ!」
私はそう言ってお尻を平手で叩きながら繰り返し腰を打ちつけ
ペニスを激しく抽送し続けました。

「あうっ!おおおっ!おううっ!あおうっ!」
アキノさんは歓喜の叫びを上げながら快楽を認めるように
何度も強く頷きながら私の動きに合わせてお尻を振りました。

「フフン、そうか、気持ちいいか。ケツも気持ちいいだろうが…」
私はそう言いながら腰を更に激しく律動させ肉棒で膣奥を抉り
彼女を昇天に導くスイッチを刺激しました。

「あおおっ!おおっ!あおおおおーっ!」
アキノさんはその刺激に激しく反応しながら叫び声を上げ
全身を痙攣させながら再び一気に快楽の頂点へ昇り詰めていきました。
彼女の膣粘膜は激しく蠢きながら私のペニスを奥へと誘い
括約筋は飲み込んだプラグを締め上げ蠢かせました。

「ほう、ケツマ○コも感じているようだな…。
 じゃあ、コッチも一緒に責めてやろう」
私はそう言いながらプラグを抜き差ししつつペニスを再び奥へ押し込み
彼女のポルチオと同時に二か所を責め上げたのです。

「おっ!おおーっ!おぐうっ!あぐうっ!」
アキノさんは両穴を同時に責められる刺激に興奮を高めながら
身悶えして絶叫を上げました。

「オラッ!マ○コとケツマ○コで逝けっ!」
私はそう言いながら渾身の力で彼女の粘膜の両穴を責め上げると
一気に興奮が沸点に達したようで、あっという間に昇天しました。

そして茫然自失のまま床に崩れ落ちてピクピクと身体を痙攣させました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2946-ddd15de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック