FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『グッズ新調(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは自ら新しく購入したグッズでの調教してほしいと
私に願望をメールで送ってきました。

そこで私は彼女に新しく購入したニップルリング
ウサギの尻尾がついたプラグを身につけてノーパン・ノーブラで
当日は待ち合わせ場所に来るよう命じました。

そして、ホテルに入って彼女を全裸すると持参した新しいアイマスク
ギャグボールを装着し、首輪と嵌められて四つん這いの格好をさせて
乗馬鞭で叩iいてからペニスを挿入して絶頂に導きました。

「フフフ…逝ったようだな。気持ちよかったか?」
私が崩れ落ちたアキノさんの身体を再び引き起こして四つん這いにし
そう訊ねながら再びペニスで律動を始めました。

「おうっ!おおうっ!おううっ!」
アキノさんは逝き果てた快楽を示すように素直に何度も頷くと
私のペニスの抽送に合わせるように腰を振り始めました。

ギャグボールを押し込まれた口からは涎を垂らして床に水たまりを作り
パンパンと私の恥骨が彼女の紅潮した臀肉に当たる音が響き
欲望に飲みこまれた様子で快楽を貪っていました。
「ホラ、ケツマ○コも気持ちいいだろうが…」
私はプラグをアナルから出し入れしながら直腸粘膜を刺激し、
併せて肉棒で膣奥の子宮頚を抉るように掻き回しました。

「おうっ!おおうっ!あおおっ!」
アキノさんは背筋を震わせながら両穴に与えられる刺激に歓喜し
更なる刺激を求めるようにお尻を突き出しました。

「オラッ!マ○コとケツマ○コで逝けっ!」
「おうっ!おおうっ!おううーっ!」
アキノさんは歓喜の絶叫を上げながら両穴に与えられる快楽を
括約筋で受け止めながら興奮を高めていきました。

「おごおおっ!あぐううっ!」
アキノさんは全身を硬直させながら背中から頭まで仰け反らせると
ケダモノの咆哮を上げて涎を吹き出し一気に絶頂へ昇りつめました。

その絶頂と同時に彼女は強烈な痙攣を引き起こし
膣粘膜と直腸粘膜をグイグイと締め上げてきました。
その粘膜の収縮により私の肉茎の欲望も頂点へと導かれていきました。

「おおっ!いいぞ、よく締まるぞっ!逝くぞっ!逝くぞぉっ!」
私はそう言うと更に腰の動きを激しくしていきました。
「うふうっ!くふうっ!」
アキノさんは自分の道具で私が昇天することを喜ぶように
嬉しそうな声を上げながら何度も頷きました。

「おおっ!逝くっ!逝くぞっ!」
「あおっ!おおっ!あおおおっ!」
二人の絶叫が重なった瞬間、私の蓄積された快楽と興奮が爆発し
彼女の中に一気に白濁液をドクドクと放ちました。

私はそのまま脱力するとアキノさんの上に崩れ落ちて放心しました。
そして二人でしばらく動かないまま茫然と時間を過ごしたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
初コメントします
いつも読み逃げで失礼しました;
ニップルリングがとっても可愛い。。。
私も入手を早速検討です(照)

お2人が絶頂へと達する表現の迫力にすっかり呑まれてしまいました。。
自分の身体で、お相手の興奮と快感をそこまで高めて差し上げることができたら、自分の快楽以上に満たされてしまいそうです。
続きも楽しみにしてまーす。
2014/10/14(火) 00:43 | URL | みき #oibKWSZc[ 編集]
みきさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

このリングはピアスではないので装着も楽ですよ。
私は人体改造には興味はないので、
こういうリングの方が好きですね。

彼女は逝く時に膣が締まって動くので
私もそのまま射精に誘われてしまいますね。
今回もそんな調教になりました。

またお気軽にお立ち寄り下さい。
コメントもいただければ光栄です。
2014/10/14(火) 13:27 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2947-6a716dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック