FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『アナル初絶頂(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは私に命じられて服を脱いで全裸になりました。
乳首にニップルリング、アナルにウサギの尻尾付きのプラグを着け
綿紐で乳房が上を向くように縊り出された状態で縛られました。

その上で彼女が新しく購入したアイマスクと開口栓を装着され
口の中にペニスを押し込まれて激しく喉奥を突かれました。

「ううっ…うぐっ…ぐふっ…げふっ…」
アキノさんは当初、私に髪を掴まれてペニスを喉奥に突きたてられ
激しく蹂躙されていましたが、次第にイラマチオに慣れてくると
私が手を離しても自ら顔を前後に動かしペニスを喉奥に飲みこみ
苦悶の呻き声を上げて口唇奉仕を続けました。
「フン、そろそろいいだろう…」
私はアキノさんの髪を鷲掴みして彼女の顔を股間から引きはがすと
ソファにうつ伏せにしてお尻を突き出す姿勢を取らせました。

私はアキノさんの背後に回るとイラマチオで粘度の高い唾液の絡んだ
肉棒を宛がい一気に彼女の狭隘な肉筒の中に押し入っていきました。

「はぐううっ!」
アキノさんは大量の牝蜜を溢れさせた粘膜へ剛直での圧迫を受けて
縛られた上半身を仰け反らせて喘ぎ声を上げました。

「フフッ…あれだけ苦しんでチ○ポしゃぶってたのに
 マ○コ汁をダラダラ垂れ流してるじゃねぇかよ…。
 苦しい方が嬉しいんだろう、この変態マゾ女…」
「ぐうっ…うぐうっ…ぐふうっ…」
アキノさんは開口栓で閉じられない口から大量に唾液を泡を吹き
歓喜の呻き声を上げました。

「オラッ!気持ちいいのかよっ!」
「ぐううっ!ううっ!うぐうっ!ぐふうっ!」
私が後背位で腰を前後律動させて肉茎を激しく抽送し続けながら
催促するようにアキノさんのお尻を平手打ちすると、
ピシャッという激しい音とともに私の方を振り返って
何度も力強く頷きながら快楽の歓喜に呻き声を上げました。

「ホラッ、変態マゾ女、ケツも叩いてやるから喜べよっ!」
「ううっ!うぐっ!ううっ!」
私がお尻を繰り返し叩きながらアキノさんの最も感じる奥を突き
中の粘膜を激しく抉るように責め立てました。
アキノさんはその責めを受けて歓喜と苦悶も混じった声を上げ、
叩かれたお尻に力を込めて臀肉から括約筋を収縮させました。

膣粘膜の収縮に合わせるように牝汁が溢れ出ることで
唾液と絡まることでグチョグチョという卑猥な音が響きました。

「フン、マ○コ汁が溢れ出てスケベな音が出てるぞ。
 ケツを叩かれてマ○コ掘られて逝きそうなんだろうがっ!」
「おっ!おうっ!おおーっ!」
私はアキノさんの興奮を煽るように激しく膣奥の敏感な部分を
突き立てながら一気に彼女を追い詰めていきました。
アキノさんは私に責められて絶叫すると身体を仰け反らせて痙攣させ
一気に快楽の頂点へと昇り詰めて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2964-1594b027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック