FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『アナル初絶頂(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは私に命じられて服を脱いで全裸になりました。
乳首にニップルリング、アナルにウサギの尻尾付きのプラグを着け
綿紐で乳房が上を向くように縊り出された状態で縛られました。

その上で彼女が新しく購入したアイマスクと開口栓を装着され
イラマチオ、膣挿入、アナル挿入を経て絶頂を迎えて果てました。

「オラ、なに寝てんだよ!」
「うう~…ううう~…」
アキノさんは私にお尻を叩かれて遠のいた意識を取り戻すと
私の方に顔を向けてハァハァと激しく呼吸していました。

「まだ終わってねぇんだよ!」
私はそう言って再び彼女のお尻を平手打ちすると
背中で重ねられた手首の縛り目を掴んで再び腰を振り
彼女の直腸の奥を肉竿で掻き回すように責め立てました。
「ううっ!うごっ!おごうっ!」
アキノさんは咆哮を上げながら私の運動に応えるように
お尻をくねらせて肉茎を奥まで飲みこむように蠢かせました。

「おおっ!そうだ、いいぞ。もっとケツマ○コを締めてみろ」
「ううっ…おううっ…おお~…」
アキノさんは私に促されると下腹部に力を込めて
括約筋をグイグイと締め上げてきました。

私のペニスにはイラマチオの唾液と膣挿入の牝蜜、
そして直腸液が複雑に混ざり合った白濁の泡が絡まり、
直腸括約筋の締め上げと私の律動に合わせて
グチョグチョという卑猥な音が響きました。

「くふうっ…くうっ…うぐうっ…」
アキノさんは排泄穴で絶頂を迎えたという恥辱と屈辱の混じった
複雑な呻き声を上げながら私の肛門凌辱に耐えていました。
苦悶と羞恥で涙交じりの喘ぎ声を上げながら必死に耐えていました。

その様子が私のサディスティックな興奮の炎を更に燃え上がらせ
強い欲望とともに一層の加虐性を煽りました。

「オラッ!ケツマ○コで逝く変態はチ○ポで掘られて嬉しいだろう」
私は彼女を蔑み貶め羞恥心と屈辱感を煽るように責め上げました。

「おうっ!おおうっ!おおーっ!」
アキノさんは被虐の興奮に煽られて更に忘我の快楽を求めるように
激しく腰を振り立て括約筋を締め上げました。

「おおっ!あごっ!あがあっ!」
アキノさんはそう叫んで息を飲むと再び全身を痙攣させながら
ビクビクと絶頂の極みへと昇り詰めて逝きました。
その快楽の頂点と同時にこれまでになかったような
括約筋の激しい締め上げが私の肉塊を襲いました。

「おおっ!逝くぞっ!逝くぞおっ!」
私はそう絶叫すると興奮の頂点に達し、彼女の直腸無いに
熱い欲望の白濁液を放って果てたのです。

そして、彼女の中に性欲の粘液を放った牡肉の熱棒を引き抜くと
茫然としてソファで方針している彼女の髪を掴んで引き起こし、
開口栓で開かれた口に押し込みました。

「オラ、最後までキレイに舐めるんだよ」
アキノさんはそう言われて、愛液と精液と直腸液とが絡みつく肉棒を
丁寧に舐めながら掃除をしていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2970-183e2f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック