FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『復学(その1)』まで。

**************************************************

私とエミコさんは久しぶりに逢って二人で食事しながら
ワインを2本もあけてしたたかに酔いました。

そしてその勢いでエミコさんを口説くと彼女も受け入れてくれました。
そして、私たちはホテル街のあるラブホテルに入りました。

私がまず全裸になってベッドへ彼女を招くと、彼女も恥じらいながらも
服を脱いで私に寄り添うようにベッドに入ってきました。

「フフフ…さっきのレストランでマ○コを弄られて我慢出来なかった?」
私がエミコさんの横から手を伸ばして髪や乳首を愛撫しながら訊ねると
「あぁ…はい、すごく感じてしまって…我慢できませんでした…」
と潤んだ瞳を私に向けながら身体を密着させて彼女は答えました。

「素直で可愛いね。じゃあ、今日はいっぱい気持ちよくしてあげよう」
「あぁ…はい、亮さん、お願いします…」
私たちはそう言って唇を重ねると、それを合図に愛撫を始めました。

私は髪を撫でながら唇を額から耳、首筋、鎖骨へと這わせながら
手をゆっくり乳房へと運び、乳首の外輪を丁寧に愛撫しました。

「フフフ…エミコはココが感じるんだよね…」
私は彼女の耳に吐息がかかるように囁きかけながら
舌先で耳の内側から外輪郭、裏側を舐めて、
同時に右手で彼女の左乳首をつまみ上げるように転がしました。

「はっ、はうっ…ううっ…ああっ…」
エミコさんは身体をビクッ、ビクッと震わせる以前と変わらない
快楽への敏感な反応で私の愛撫に応えてくれました。

「フフフ…感じるところも感じ方も以前と変わらないね…」
「ああ…はい、そこは…今でも変わらず…感じます…」
「今の彼氏はここは責めてくれないんだ…」
「うう…はい、そうです…なので…寂しいんです…」
私の確認作業にエミコさんは恥ずかしそうな、寂しそうな表情で
素直にそう答えてくれました。

「そう…こんなに敏感な身体にしてあげたのに…」
私がそう言いながらエミコさんが感じる乳首を舌で転がしたり
歯を当てて甘噛みしたりすると…
「ううっ…敏感な身体になって感じるようになったので…
 感じさせてもらえないと…余計に寂しく感じるんです…ううっ…」
エミコさんはそう本音を漏らしながら歓喜の反応を示しました。

「そうか…じゃあ、かえってエミコを困らせてしまったかな」
私はそう言いながら乳首を舌で愛撫し続け、反対の乳首には
指での入念な愛撫を与え続けました。

「あっ…でも、感じる身体になれたのは…すごく嬉しいです…。
 本当は…もっと感じたいんです…」
エミコさんはそう答えながら私の首に両手を絡めてきました。

「そう。じゃあエミコが感じるところをいっぱい責めてあげよう。
 今日は思い切り感じて気持ち良くなるといい」
「あぁ…亮さん、ありがとうございます。
 もっといっぱい気持ちよくして下さい。もっと感じさせて下さい…」

エミコさんはそう言うとすべてを委ねるように目を閉じました。
そして与えられる快楽刺激を逃すまいと私の愛撫を求めたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
亮さま
久しぶりのエッチは何となく気恥ずかしい感じと気持ちいい感じって言うのわかります(*^_^*)

気持ちのいいところは忘れないんですよね(^^)そして、そこを刺激してくれないエッチが物足りないのもものすごーくわかります(笑)


亮さまのパートナーさんたちは皆さん素直ですごいなって思います。
manaは何に対しても、まだまだちょいと素直を色々出せません^_^;
こうされたいって事を言ってごらんってご主人さまからも言われるのですが、恥ずかしいが先立って言えなかったりします(._.)
またのアップ楽しみにしてます(^^)
2014/11/04(火) 11:52 | URL | mana #-[ 編集]
manaさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

エミコさんは手塩にかけて育てた奴隷さんだったので
一番素直に、正直にというのを躾けました。
それが今でも活きているように感じています。

恥ずかしいのはあると思うのですが、
ご主人様の前では恥ずかしがらず素直になって欲しいのです。

そうすることで快楽ももっと大きくなりますし
男性から見て可愛いと感じられるからです。

これからもエミコさんは可愛がってあげたいと思っています。

2014/11/04(火) 19:12 | URL | 亮 #-[ 編集]
素直になること
亮 様

おはようございます。
素直になり、さらけ出して身を委ねる事は簡単そうで難しいと感じます。
私もご主人様に常に、「なほこは私に身を委ねるだけです」と教えていただいておりますが、どこかでブレーキをかけてしまいます。
もっとも、ご調教が始まり緊縛されてしまえば自然となれるのですが、ご調教前のご挨拶や「どうしてほしいのか」と聞かれれば素直になれません。
でもエントリーを拝見してエミコ様がとてもいじらしくて可愛く、亮様にしっかりと染まっているように感じました。
私も見習い、素直になりたいと思います。
2014/11/05(水) 09:15 | URL | なほこ #-[ 編集]
なほこさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

面と向かって「素直になる」って恥ずかしいと思います。
なので、なかなか難しいですよね。

でも、そうやって素直に接してくれる女性は
男にしてみると従順で可愛らしく見えるのです。
M女性が男性にモテるのはそういうところだと思います。

きっとなほこさんもそんな素直さを持っていると思います。

2014/11/05(水) 12:57 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/2992-d53b440c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック