FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『復学(その1)』まで。

**************************************************

私は久しぶりに逢ったエミコさんを酔った勢いで口説くと
彼女も受け入れてホテルに一緒に入ってくれました。

私はまずエミコさんを丁寧に愛撫してからクンニでエクスタシーに導き
続いて、うつ伏せの状態にして両手足をベッドの四隅につながれた
鎖付きの革で固定し動けないようにしました。
その上で電マで彼女の最も弱い部位を責めて再び昇天させました。

絶頂を迎える際にかなりのエネルギーを消耗するエミコさんは
2度のエクスタシーを立て続けに迎えることで疲労困憊し
グッタリとした状態で茫然自失となっていました。

「フフフ…久しぶりに深い逝き方をしたみたいだね…。
 せっかくだからもっと喜ばせてあげよう…」
私は独り合点するように言うと、再びエミコさんの敏感な部位に
電マを宛がって振動を強めながらグリグリ回転させました。
「ああっ!ダメです、ダメですっ!逝った後はダメなんですっ!
 許して下さい…助けて下さいっ!」
エミコさんは泣き声を上げながら必死に襲い来る刺激から逃れようと
身体をくねらせて逃げ惑いました。
が、ガッチリと手足をで鎖に繋がれたエミコさんは逃れることが出来ず
与えられた刺激に耐えるしかありませんでした。

「フフフ…ホラ、こうすると気持ちいでしょう…。
 前はコレで逝けるところまで開発したんだよね…」
私はそう言いながら指を彼女の牝粘液を垂らし始めた蜜穴に入れ
同時に電マでの刺激を続けました。

「ああっ!ダメッ、ダメェッ!ああっ!ああーっ!」
エミコさんは内外両面への刺激を受けてお尻から内腿を震わせ
ビクビクと背中を痙攣させ始めました。
そして、彼女が感じている時の特有の反応として
膣筋肉がゾワゾワと蠢き、中で暴れる私の指を締め付けました。

「ホラ、ダメじゃなくて気持ちいいんでしょ?。
 そういう時はなんて言うの?教えて上げたでしょう?」
「はっ!はうっ!う、う、嬉しい…です。嬉しいです…」
エミコさんは快楽と羞恥心で身を震わせて言葉を絞り出しました。

「そう。素直に言いなさい。素直な女の子の方が可愛いよ。
 そうやって可愛がられる素直な女の子になりなさい…」
私はそう言いながら指と電マでエミコさんの感じる部位を
的確に責め上げ快楽の頂点へ追い詰めていきました。

「は、はい…ありがとうございます…嬉しいです…気持ちいいです…
 ああ…また…また逝きそうです…逝っちゃいます…逝きますっ!」
「そう。素直に言えたね。偉いね。もっと気持ちよくしてあげるね。
 素直に言えたご褒美だから、そのまま逝っていいよ」
「あぁ…はい、ありがとうございます…逝きますっ!逝きますうっ!」
エミコさんは私に責め上げられたまま絶頂へと追い上げられました。
そして全身をビクビクと震わせながら息を止めてエクスタシーに達し
そのまま脱力して果てたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3000-e3c3c5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック