FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちは昼下がりのホテルにチェックインしてから
彼女に下着姿で口唇奉仕させた後、
当初の予定通りチャイナドレスに着替えさせて緊縛を始めました。

両手首を背中で重ねて縛り、腕の外側から上半身を綿紐で縛ると
その皮膚とサテン地に綿紐が這う感触に彼女は興奮し
縄酔いしたような様子で私に身を任せてきました。

私は彼女をうつ伏せに寝かせてチャイナドレスの後ろの裾を捲ると
彼女の秘唇の合せ目から粘度の高い汁が溢れ出て
チャイナドレスのサテン地に付着して糸を引いていました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないようにしてガッチリと固定しました。
私は次にローターを取り出すと、彼女の閉じ合わされた秘唇を指で開き
快楽を感受する蕾にそっと振動刺激を与えました。

「あっ!ああっ!」
エミコさんはさざ波のように押し寄せる静かな振動刺激を感じると
身体をピクピクと震わせ始めました。
そして快楽と歓喜を感じた様子で秘唇をヒクヒクと蠢かせました。

「ホラ、ココが気持ちいいんでしょう…」
私はエミコさんの弱点である核の右側にローターをそって宛うと
「あっ…いいです…そこ…気持ちいいです…」
とエミコさんは甘えたような声でそう答えました。

「フフフ…猫ちゃんはココを責められると弱いんだよね…」
私は焦らすようにエミコさんの弱点をローターで刺激したり離したり
強めたり弱めたりしながら責め上げていきました。

「あうう…いいです…気持ちいいです…ううう…」
エミコさんは物欲しげに甘い声を上げながらお尻を左右に振って
更に強い刺激を求めている様子でした。

「フフフ…好きなところを責められて嬉しそうだね…」
「あうう…はい、嬉しいです…嬉しいですけど…」
「けど?なに?」
「あの…主さん…もっと…もっと責めて欲しいです…」
エミコさんは我慢出来なくなった様子で更に強い刺激を求めて
羞恥心を乗り越えてそう答えました。

「そう。じゃあもっと強く刺激してあげようね…」
私は彼女の望みに応えるようにローターの振動を最強にすると
彼女も最も感じる核の右側に押し当てました。

「ああっ!すごいっ!気持ちいいっ!すごく気持ちいいですっ!」
エミコさんはそう言うと臀肉の双丘をプルプルと震わせて
快楽の反応をしめしました。
そして彼女の肉襞の併せ目から熱を帯びた粘液がネットリと溢れ
ローターに垂れてくるのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
亮さんへ
おひさですv-21v-21

チャイナドレスって新鮮ですねv-441
しかも、長い丈のですね。

自分は、ミニのチャイナ服を持っていますが
もう、1年以上着てないなぁーww
着衣緊縛もいいですね^^
とってもよかったですv-441
2014/11/19(水) 05:19 | URL | モモ #-[ 編集]
モモさんへ
コメントありがとうございます。

エミコさんはスレンダーで背が高いので
ロングタイプのチャイナドレスが似合います。
彼女のスタイルを美しく見せられるコスだと思います。

ミニスカチャイナも可愛らしいですよね。
基本的にセクシーで身体のラインが出るコスは
緊縛にも適しているので大好物です(笑)。
2014/11/19(水) 11:00 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3022-cdc83690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック