FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルにチェックイン後、彼女をチャイナドレスに着替えさせ
両手首を背中で重ね、腕の外側から上半身を綿紐で縛りました。

次に彼女をうつ伏せに寝かせてチャイナドレスの後ろの裾を捲ると
彼女の秘唇の合せ目から粘度の高い汁が溢れ出て
チャイナドレスのサテン地に付着して糸を引いていました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないよう固定してローターで秘所を刺激しました。

彼女の興奮が高まり愛液が大量に溢れだしてくるの確認すると
私は彼女のヴァギナに2本指を挿入し、ローターでクリトリスを、
指でGスポットとポルチオを同時に刺激しました。

「ああっ!気持ちいいですっ!オマ○コの中も気持ちいい…
 あぁ~…すごいです…すごく気持ちいいです…あぁ~…」
エミコさんは恍惚とした表情で快楽に浸りながらも
双丘から括約筋にかけての筋肉を快楽で収縮させながら
私の与える刺激を貪っていきました。
「ホラ、猫ちゃん、マ○コからすごい音がしてるぞ…」
私はそう言いながら彼女で満たされた膣内を掻き回すように
指を激しく運動させるとグチョッグチョッという卑猥な音がしました。

「あぁ…すごいです…自分でも濡れているのがわかります…」
エミコさんは恥ずかしそうに顔を伏せながらそう答えましたが
身体は正直に反応し、お尻から内腿にかけての筋肉を
小刻みにピクピクと震わせ続けました。

「よしよし…。じゃあもっと激しく責めてやろう…」
私はスポリと彼女の膣から指を抜くとシリコンのディルドを取り出し
先端に彼女自身から溢れ出た粘液を絡めてゆっくりと挿入しました。

「あっ!くうっ!くあっ!」
エミコさんは肉塊が押し込まれてくるような強烈な圧迫感で
息を飲むようにな呻き声を上げました。
そして、ディルドを根元まで飲みこまされるとピクピクと
お尻を左右に振りながら圧迫感を味わっていました。

「フフフ…コレで責めてやるから喜べよ…」
私はそう言いながらディルドを前後に激しく動かし、時に回転を加え
彼女の膣粘膜への圧迫刺激を与えて行きました。
その運動に合わせるようにローターを陰核に強く押し当てて
内外両面を同時に激しく刺激して責め上げました。

「はっ!いいっ!ああっ!気持ちいいっ!奥とクリがいいっ!」
エミコさんは縛られた身体を仰け反らせ、固定された脚を揺らしながら
襲い来る圧迫感と振動の快楽に歓喜の声を上げました。

「フフフ…かなり感じるみたいだね。すごい音がするよ」
私がディルドを前後左右に動かすたびに彼女の秘所の粘液が
グチョッ、グチョッと音を立て、私とエミコさんの聴覚を刺激しました。

「ああっ!いやあっ!恥ずかしいっ!いやあっ!」
エミコさんは自らの興奮の証である淫猥な音に激しい羞恥を覚え、
堪らず抵抗の声を上げました。

「ふ~ん…嫌なんだ。じゃあ止めようか…」
私が彼女の心を見透かしたように意地悪く言いながら動きを止めると
「あ、いやっ…ごめんなさい。やめないで下さい」
と、彼女は背後の私に振り向きながら哀訴してきました。

「フフン、止めてもいいんだよ。正直にどうして欲しいか言ってごらん」
「あぁ~…意地悪です…。もっと苛めて下さい…」
「どこを?どういう風に?」
「あぁ~…あの…オ、オ、オマ○コの中とクリトリスを…苛めて下さい」
エミコさんが諦めたように脱力しながらそう答えるのを確認すると
「そう。じゃあ、もっとマ○コの中とクリを苛めてあげるね」
と勝ち誇ったように私は答えて再び刺激を開始しました。

「ああっ!気持ちいいっ!オマ○コの中もクリも気持ちいいっ!」
エミコさんは素直に責められることの喜びを言葉にしました。

私はその様子を見てエミコさんがマゾヒストとしての喜びを
再び得られるようになったのだと受け取ったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
亮さんへ
こんばんわぁv-22

脚が閉じられないように固定縛り、
こういう縛りはモモはされた事ないですが、こんな風にされたら弄られ放題ですねv-432

モモも、こんな風にされてみたいですねぇww
2014/11/20(木) 19:39 | URL | モモ #-[ 編集]
モモさんへ
こんにちは。お返事遅くなりました。

こういう固定縛りはいいんですよね。
逃げられないように縛られるから余計に興奮するようで
彼女もM心をかなり刺激されるようでした。

私も楽しめた調教になりました。
2014/12/06(土) 13:16 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3026-cc11d6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック