FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルにチェックイン後、彼女をチャイナドレスに着替えさせ
両手首を背中で重ね、腕の外側から上半身を綿紐で縛りました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないよう固定してローターディルドで秘所を刺激し、
彼女に一度目の快楽の絶頂を与えました。

そして、逝き果ててグッタリしているエミコさんの秘所に電マを当て
彼女を再び振動刺激で快楽責めにしました。

「ああっ!そこ、ダメ!ダメですっ!すごい感じますっ!
 ああっ!おかしくなりそうですっ!ああっ!ああーっ!」
「そうだ、もっと乱れるんだ。淫乱な自分を解放するんだ」
私はそう言いながらエミコさんの興奮を更に高めるように
電マでの刺激を強めていきました。
「フフフ…以前に調教したことを思い出してきたみたいだね。
 じゃあ、もっと強烈なヤツで思い出してもらおうか…」
私は悪戯っぽい笑顔でそう言うと電マ用のアタッチメントを装着して
彼女のグッショリと濡れた蜜穴のなかに押し込んでいきました。

「あぁ~…はぁ~…あううう~…」
振動の停止した電マの先端に装着されたアタッチメントの突起を
彼女の淫口が飲みこむと呻きのような切ない声を漏らしました。

「猫ちゃんは以前の調教ではコレで逝けるところまで開発したんだよ。
 なので、そこまで思い出してもらうからね」
私はそう言いながら電マの振動スイッチを強にしました。

「ああっ!あおっ!おおっ!あおおおっ!」
エミコさんは発狂したような絶叫を上げながら脚をバタつかせて
敏感な粘膜に叩きつけられうような振動刺激を受け止めていました。

「フフフ…暴れてもこれだけ縛られてるんだから逃げられないよ…。
 ホラ、さっきも言ったけど素直に気持ちいいなら受け入れるんだよ」
私はそう言いながら電マをつかんでグリグリと回転させました。
その動きでアタッチメントの突起の膨らみがGスポットを
突端がポルチオを刺激しているのが手応えでわかりました。

「ああっ!ひいっ!おおーっ!あおおーっ!」
エミコさんは意味不明の絶叫を上げながら身体をバタつかせて
襲い来る強烈な快楽刺激から逃れようとしましたが
ガッチリと緊縛された綿紐を更に身体に食い込ませるだけで
何ら抗うことが出来ませんでした。

「ホラ、なにを抵抗してるの?猫ちゃんはコレが大好きなハズだよ。
 もっとココを責めると感じるハズだよ…」
私はそう言いながらアタッチメントの前後に飛び出すイボの部分を
核蕾と菊花に押し当てるように押しつけながら動かしました。

「あうっ!すごいっ!おかしくなるっ!壊れるっ!」
エミコさんは理性と自我が崩壊するのを自ら感じとり
快楽に押しつぶされる自分の身体をそう表現しました。

「そうだ。壊れろ。そのまま壊れて快楽だけに没頭するんだ。
 余計なコトを考えず気持ちいいことだけを考えるんだ」
私はそう言いながらエミコさんを快楽の深淵へと堕としていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3030-de2d03b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック