FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルにチェックイン後、彼女をチャイナドレスに着替えさせ
両手首を背中で重ね、腕の外側から上半身を綿紐で縛りました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないよう固定してローターディルドで秘所を刺激し、
彼女に一度目の快楽の絶頂を与えました。

そして、逝き果ててグッタリしているエミコさんの秘所に
アタッチメント付きの電マを当て再び快楽責めにしました。

「あうっ!すごいっ!おかしくなるっ!壊れるっ!」
エミコさんは理性と自我が崩壊するのを自ら感じとり
快楽に押しつぶされる自分の身体をそう表現しました。

「そうだ。壊れろ。そのまま壊れて快楽だけに没頭するんだ。
 余計なコトを考えず気持ちいいことだけを考えるんだ」
私はそう言いながら電マをグリグリと激しく押し付けて
アタッチメントによるGスポット、ポルチオ、クリトリス、アナルへ
同時に強烈な振動刺激を与え続けました。
「ああっ!もうダメっ!ああーっ!逝きそうですっ!逝きそうっ!」
エミコさんは発狂したように絶叫すると再び全身を硬直させながら
ブルブルと痙攣するように身体を震わせ始めました。

「フフフ…そうだよ、それでいいんだよ。もっと感じていいよ。
 猫ちゃんは元々そうやって敏感な身体なんだからね。
 ほら、こうすればすごく感じるし逝けるんだよ。
 ちゃんと開発すればセックスでも逝けるし中も感じるようになる…」
私は彼女に教え諭すように言い聞かせながら
電マをグリグリと押しつけながら回転させて
彼女の最も逝きやすい部分を連続的に同時刺激しました。

「すごく感じますっ!クリだけじゃなくて中もアナルも感じますっ!
 ああっ!すごく気持ちいいですっ!このまま逝きそうですっ!」
エミコさんは甘えるような涙交じりの声を上げ続けながら
身体をブルブルと震わせて背中を仰け反らせました。

「そう、逝きそうなんだ。じゃあ遠慮しなくていいよ。
 ホラ、大好きなところを責めてあげるからそのまま逝ってごらん」
私は甘く囁くように言って彼女の心を頂点に導きながら
併せて彼女の身体の絶頂のスイッチを次々と刺激していきました。

「あううっ!はい、逝きますっ!逝きますっ!逝きますーっ!」
エミコさんは感極まった叫び声と共に全身をガクガクと震わせて
背中を激しく仰け反らせて呼吸を止めて全身を痙攣させました。
と、同時に括約筋をギュウギュウと収縮させて肉襞を震わせ
アタッチメントを奥へ奥へと飲みこむように蠢かせました。

同時に、顔からは汗が吹き出し、牝の唇からは特有の粘液が溢れ、
その複雑な牝のフェロモンの芳香が部屋に漂いました。

エミコさんは解放感と押し寄せる快楽の波に飲まれるようにして
一気にエクスタシーの頂点へと昇り詰めていきました。

そして彼女は、そのあまりに深い快楽に堕ちて精魂尽き果て
茫然自失となって崩れ落ち、そのまま動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3031-706bcf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック