FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルにチェックイン後、彼女をチャイナドレスに着替えさせ
両手首を背中で重ね、腕の外側から上半身を綿紐で縛りました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないよう固定してローターディルドで一度目の絶頂を、
アタッチメント付きの電マで二度目の絶頂を与えました。

他の女性に比較してエクスタシーの深いエミコさんは逝き果てると
強い全身の痙攣から解放された様子でグッタリと脱力して
茫然自失の状態でハァハァと激しく呼吸していました。


頃合いもヨシと感じた私はエミコさんの腰を掴んで引き起こし
お尻を突き出す犬のような格好を取らせました。
そして私は素早くペニスにコンドームを被せると、
二度の絶頂で充分過ぎるほどに蜜で潤い弛緩した狭道の牝穴に
自らの分身の肉塊を押し込んでいきました。

「あっ…あううう~…」
エミコさんは官能的な歓喜の声を上げながらお尻の肉を震わせ
膣の筋肉をグイグイと締め上げてきました。

「フフフ…猫ちゃん、気持ちよさそうだね…」
私はそう言いながら彼女のお尻を強く掴んで後背位から
強烈なストロークを与え続けました。

「ああっ、気持ちいいです、主さん、オマ○コ、気持ちいいです」
エミコさんは素直にそう答えながら私の律動に応じるように
お尻を突き出すように身体をくねらせました。

「猫ちゃん、よっぽどマ○コが気持ちいいんだね…。
 グチョグチョってマ○コ汁が溢れてる音がするよ…」
「はあっ…気持ちいいです…オマ○コ、気持ちいいです…。
 主さんとのセックスは…特別感じますっ!」
エミコさんは嬉しさと恥ずかしさが織り混ぜられた声を上げながら
私の与える快楽に没頭する様子でした。

「ホラ、マ○コがウズウズと動いているよ…。自分でもわかる?」
「あぁ…動いちゃいます…オマ○コが動くのがわかります…」
エミコさんは快楽が高まった時の特有の反応として
膣粘膜が波立つように蠢き、私の肉塊を奥へ奥へと
飲みこもうと蠢動し始めるのが感じられました。

「フフフ…そんなに奥まで欲しいならもっと奥を責めてあげようね」
私はそう言いながら彼女のお尻を更に突き出すように引っ張り、
その臀肉の私のお腹を叩きつけるように激しく律動させました。
その奥への肉棒での圧力によってポルチオを刺激すると
彼女は狂乱状態に陥ったような絶叫を上げました。

「ああっ!そこ、感じます!すごく気持ちいいですっ!
 主さんっ!すごく感じますっ!すごく気持ちいいですっ!
 主さん以外ではこんなに感じないですっ!」
エミコさんはセックスで満たされなかった不満を発散するように
自分の興奮を完全に解放するような嬌態を示しました。

「猫ちゃんは本当は感じやすい身体なんだよ。
 こうやってちゃんと感じるように身体を燃え上がらせてからすれば
 他の誰よりも感じやすい身体なんだよ」
「あぁ~…ありがとうございます…。すごく感じます…。
 主さんに教えてもらって…自分がどうすれば感じるのかが…
 すごくよくわかりました…。もっと気持ちよくなりたいです…。
 もっとオマ○コが感じるようになりたいです…あぁ~…」
エミコさんは自分でそう答えながら自らの興奮を高めていき
その煽られた感覚で自分自身の興奮を溺れていく様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3032-0238e965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック