FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『チャイナドレス緊縛(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルにチェックイン後、彼女をチャイナドレスに着替えさせ
両手首を背中で重ね、腕の外側から上半身を綿紐で縛りました。

私は続けて綿紐を解くと彼女の膝を折って足首と腿を重ねて縛り
その結び目から伸ばしたを背中の結び目に引っ張って縛りつけ
脚が閉じられないように固定しました。
そして、もう一方の脚も同様に縛ると開脚姿勢のまま
脚を閉じられないよう固定してローターディルドで一度目の絶頂を、
アタッチメント付きの電マで二度目の絶頂を与えました。

普通の女性よりも逝き方が深いエミコさんは二度のエクスタシーで
かなり体力を消耗したらしく、茫然自失のままハァハァと呼吸して
グッタリと動かなくなりました。

私はそのエミコさんの様子を見て頃合いヨシと感じとり、
ペニスにコンドームを被せて、彼女に後背位の退位から
挿入していきました。

「はあっ!いいっ!気持ちいいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!
 主さん以外とのセックスではこんなに感じないですっ!
 主さんに教えてもらって…自分がどうすれば感じるのかが…
 すごくよくわかりました…。もっと気持ちよくなりたいです…。
 もっとオマ○コが感じるようになりたいです…あぁ~…」
エミコさんは自分でそう答えながら自らの興奮を高めていき
その煽られた感覚で自分自身の興奮を溺れていく様子でした。

「猫ちゃん、ホラ、ココが気持ちいいんでしょ?」
「ああっ!そこ、奥の方…すごく感じますっ!あああっ!」
私がそう言いながら肉竿でポルチオのコリコリした部位を責めると
エミコさんは臀肉をビクビクと震わせながら痙攣させました。
そして括約筋を締め上げるようにアナルの窄まりをヒクつかせて
快楽の反応を示しました。

その窄まる締め上げと膣道の締め上げがペニスに伝わると
私の興奮も頂点に高まるのを感じました。

「おおっ!猫ちゃん、マ○コがすごく締まるね。もっと締めてごらん」
「ああっ、はい。気持ちいいです…。主さんも気持ち良くなって下さい…」
エミコさんはそう応えるとギュウギュウと括約筋を締め上げて
私のペニスに圧迫刺激を与え続けました。

「おおっ!いいぞっ!猫ちゃんのマ○コ、すごくいいよっ!
 このまま逝きそうだ…おおーっ!」
「あううっ!逝って下さい。私のオマ○コで、逝って下さいっ!」
「おおっ!すごいぞ、よく締まるぞっ!逝くっ!逝くぞおっ!」
「ああっ!逝って下さいっ!そのまま中で逝って下さいっ!ああーっ!」
私はエミコさんの言葉を受けて興奮と快楽の頂点を迎えると
エミコさんの中で白濁液を爆発させるように放出しました。
そして脱力してエミコさんの上に覆いかぶさるように崩れ落ちました。

私たちはそのまましばらく重なるようにベッドの上にグッタリしていましたが
私がヨロヨロと起き上がると彼女の中から萎んだ肉塊を引き抜きました。
そして精液のたまったコンドームを取り外しました。

「あの…主さん…」
エミコさんは縛られたままの姿で私の方に虚ろな視線を向けました。

「うん?どうしたの?猫ちゃん」
「あの…主さん…お掃除させて下さい…」
エミコさんはウットリとした表情で微笑みながら私を見つめました。

「フフフ…そうか。可愛いね…。じゃあお掃除してもらおうか…」
「はい、ありがとうございます…。主さんのオチ○チン、お掃除したいです」
私はエミコさんを仰向けにすると彼女の顔にまたがり、
彼女の口元に愛液と精液で汚れたペニスを押しつけました。

エミコさんは嬉しそうに微笑みながら「失礼します」と呟くと
ペニスを口に含んで丁寧に汚れを舐め取っていきました。

私はその様子を見つめながらエミコさんに対する愛情が
私の中で高まっていくのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
掃除
亮さん

続けてのコメントご容赦ください。

掃除させている時のあのキューンってなる感覚ってなんなんでしょうね。(^^ゞ
さっきまで罵って責めていたにも関わらず、なんか妙に優しい気持ちになってしまいます。

私は基本的に生ですので、M女の愛液、そして私の精液が混じり合ったイチモツを掃除するのは、多少なりとも抵抗があると思うのですが、美味しそうに掃除しますよね。

と言いつつ、あまりオ○ンコを使ってないことに気が付きましたけど。(^^;

粋永
2014/11/29(土) 10:46 | URL | 粋永(すいえい) #GCA3nAmE[ 編集]
粋永(すいえい)さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
こちらこそ、お返事が遅くて申し訳ないです。

お掃除って女性からみると屈辱的な行為で
それをさせられていることに興奮するらしいのです。

逆に、私がそうやって躾けたことを他の男性にしてあげると
男性たちは一様に喜び驚くらしいです。

SM的な興奮を感じられる行為だなぁ…と実感しますね。
2014/12/06(土) 13:36 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3039-1ae60407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック