FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


みなさま、こんにちは。亮です。
いつも続俤陵辱譚にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

さて、今日の日記はみなさまへご報告です。

今日のタイトルにあった通り、
この9月から飼い始めたマナミさんを手放すことにしました。

マナミさんについてはコチラの日記をご覧下さい。)

こと、ここに至るまでいろいろな紆余曲折はありましたが
彼女から「もう信頼関係が築けない」という意志表示もあったため、
結果として彼女を手放すことが一番いいと考えた結論です。

安易な表現かもしれませんが、SMの主従関係は信頼が大切で
お互いがお互いを信じているからこそ安心して身を委ねられます。

その信頼感が根底になければ、すべてを曝け出すことはできず
結果として本当の解放感と多幸感を得られないと思うのです。

マナミさんは私とのプレイの中で、小さい違和感の積み重ねで
信頼感を得ることが出来ず自然と心が離れてしまったようでした。

そんな状況の中での彼女からの「離れたい」という申し出だったので
私としても引き留めることはしませんでした。
ということで、円満に関係解消に至った次第です。

何度か調教した模様をブログにUPする前にこういう結果になり
読者様の期待を裏切るようで申し訳ございません。

ということで、今後、彼女に幸多からんことをお祈りしたいと思います。
素敵なお相手が見つかって幸せになって欲しいと願います。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3052-61abcb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック