FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『セーラー服緊縛(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんは全裸に首輪尻尾付きプラグを装着した状態で
私に命じられてセーラー服を身につけました。
そして、その上から綿紐で上半身を菱縄状態に緊縛しました。

続いて私は立ち上がるとアキノさんに私の服を脱がせるように促し、
彼女の手伝いで全裸になると再びソファに座りました。
そして彼女の首輪にチェーンリードを装着して彼女を股間に引き寄せ
口唇奉仕を強要しました。

「ご主人様のオチ○チン、おしゃぶりさせて下さい」
「いいだろう」
「失礼します…」
アキノさんはそう言うと唾液をたっぷりと絡ませた舌を出し
陰茎の根元から舌を小刻みに左右に動かしながら
丁寧に舐め上げていきました。
「フフフ…そうだ…ちゃんと覚えているな…」
「んふっ…ありがとうございます…嬉しいです…んふんっ…」
アキノさんはそう応えると静かに目を閉じて顔を上下させながら
丁寧に肉茎の筋を舐め上げ続けました。

「んふっ…んふっ…」
奉仕をする自分自身の姿に彼女は興奮を自ら高めた様子で
息遣いを荒くしていきました。

「んふうっ…んふっ…んふっ…」
アキノさんは短く呼吸をしながら舌先でカリの付け根から
先端の肉の球体をネットリと舌で転がすように舐め続けました。
そして潤んだ瞳で虚ろな視線を私に向けながら
奉仕することを喜ぶように舌を動かし続けました。

「はぁっ…美味しい…はぁ…あんっ…んんっ…美味しいです…」
アキノさんは甘美な言葉を繰り返しながら舌を左右に動かし
ウットリと大好物を舌先で転がして味わうようにしながら
私の亀頭を唾液まみれにして舐め続けました。

「んんっ…あふうっ…んんんっ…」
アキノさんは耐えられなくなったようにそう呻き声を上げると
肉棹を口にゆっくりと口に含んで飲みこんでいきました。

彼女の口からは大量の唾液が溢れ出て肉茎の根元まで垂れ
そのキュッと締まった口元からはジュルッという液体の音と
チュパッという空気を吸い込む音が響きました。

彼女は私に視線を向けると大好物を与えられた喜びで微笑み
ジュルッ、チュバッという粘液を吸い立てる卑猥な音を立てながら
激しく顔を上下させて口唇奉仕を続けました。

「よし、いいぞ…なかなか巧くなったじゃねぇかよ…。
 その調子でもっと激しく吸いながらしゃぶってみろ…」
「ふぁい(はい)・・・んふっ…んふんっ…んんんっ…」
アキノさんは私に命じられると嬉しそうにそう答えて
更に激しく顔を上下運動させながら私に肉欲の快楽を与えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3061-51f29be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック