FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日祝いと姫納め(その1)』まで。

**************************************************

私はエミコさんを綿紐で後ろ手に縛り、続けて両足を閉じた状態で
梱包するように十字縛りにして動けなくしていきました。

私はエミコさんのマゾヒスティックな興奮を更に煽るつもりで
彼女に全頭マスクを被せ開口枷を口に押し込みました。

そして四肢と言葉の自由を奪ったエミコさんをベッドに横たえると
身体を屈曲させてお尻を突き出す姿勢を取らせ、
その上で彼女のヴァギナにバイブを押し込んでスイッチを入れました。

「おううっ!おぐうっ!あごうっ!」
開口栓を押し込まれて言葉を発することが出来ないエミコさんは
雄叫びのような叫び声を上げながら閉じられた両脚をバタつかせ
クリトリスとヴァギナ内粘膜への振動刺激に耐えていました。


「ほうら…気持ちいいんだろう。マ○コ汁が溢れてるぞ…」
私はエミコさんの羞恥心を煽るように言いながらバイブを抽送すると
グチョッグチョッという粘液の音とヴーンという機械の振動音が
部屋の中に響き渡りました。

「おぐっ!おおっ!おおうっ!」
エミコさんは敏感な部分への振動刺激と聴覚への刺激を受けて
更に自らの興奮を表すように身体をくねらせました。

その動きに反応するように乳首に噛みついたクリップの鈴が揺れ
チリンチリンと軽快な音を立てました。

「ぐうっ!あぐうっ!おぐうっ!」
エミコさんは神経の集中する乳首の突端に噛みつくクリップ
痛みに耐え続けながら苦悶の喘ぎ声を上げました。

「フフッ…いい声で泣くようになったね、猫ちゃん…。
 痛いことで喜ぶマゾになってきたなって感じるよ。
 ホラ、痛いのと気持ちいいのが混じって嬉しいでしょう?」
私はエミコさんのマゾヒスティックな興奮を刺激する言葉を与えつつ
バイブでの快楽振動刺激を更に強めて行きました。

「おおっ!おううっ!おおーっ!」
バイブの突端の振動がエミコさんの淫核を直撃した瞬間、
彼女は発狂したような絶叫を上げながら身体を痙攣させました。

「フフッ、猫ちゃん、いつもの逝きそうな時の反応だね。
 じゃあ、そのまま逝っていいよ。ホラ、ホラッ」
私はエミコさんの絶頂が近づいてくるのを感じとると
バイブを秘蕾に強く押しつけて刺激を更に強めながら
回転運動で膣粘膜を抉るように刺激を与え続けました。

「おっ!おおっ!おううっ!おごおおっ!」
エミコさんは絶叫しながら全身を仰け反らせてビクビクと痙攣し、
膣を激しく収縮してバイブをグイグイと飲み込んでいきながら
一気に快楽の頂点へ昇り詰めて行きました。

そしてグッタリと脱力するとハァハァと激しく呼吸しながら
茫然自失となったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3129-8f3e1b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック