FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日祝いと姫納め(その1)』まで。

**************************************************

私はエミコさんを綿紐で後ろ手に縛り、続けて両足を閉じた状態で
梱包するように十字縛りにして動けなくしていきました。

私はエミコさんに全頭マスクを被せ開口枷を口に押し込みました。
その上で、エミコさんをベッドに横たえて身体を屈曲させると
お尻を突き出す姿勢を取らせ、ヴァギナにバイブを押し込んで
スイッチを入れました。

私は更に横臥するエミコさんの前に膝立ちになった状態で
彼女の頭を持ち上げて開口枷の中へペニスを押し込み
腰を前後に激しく律動させながら喉奥を貫くように
イラマチオしました。

「げふっ!げうっ!げえっ!ごふうっ!」
エミコさんは強烈な嘔吐感に襲われたような呻き声を上げながら
緊縛されて身動き出来ない身体で必死にもがき続けながら
与えられる苦悶と振動の快楽に耐えていました。

「フフフ…そうだよ、猫ちゃん、もっと苦しそうに鳴いてよ…」
私はそう言いながら彼女の口腔内の更に奥を蹂躙するように
肉茎を叩きつけました。

「げえっ!げふっ!ごふっ!ごううっ!」
エミコさんは口から泡と粘度の高い液体を溢れださせながら
言葉にならない呻き声を上げ続けました。

私はエミコさんのその反応で自分の中の興奮が更に高まり、
腰の前後運動を更に激しくして彼女への苦しみを強めました。

その私の前後抽送運動に呼応するようにエミコさんから
悲鳴のような苦悶の声が上がり、その声に私が反応して
更にサディスティックな興奮が高まるというスパイラルになりました。

「フフフ…いいね。もっと苦しめよ、ホラ、ホラッ」
「おぐっ…ごふっ…おごっ…げふっ…ぐふうっ…」
私は煽られるままに興奮を高めながら彼女が苦しむ喉奥を突き、
その刺激で彼女は口から粘液、目からは涙を溢れさせながら
与えられる苦しみに耐えるだけになっていました。

「苦しいだけじゃ可哀想だな…。ホラ、こっちもだ…」
私は腰の律動を続けながらバイブの振動を更に強めて
彼女の淫蕾と淫粘膜道を抉るように押しつけて刺激しました。

「ぐうっ!げうっ!ごふうっ!おぐうっ!」
エミコさんは再び襲ってきた強烈な振動の快楽刺激に耐えかねて
縛られた両脚をバタバタと動かしながら激しく反応して、
歓喜と苦悶の混じった呻き声を上げました。

「フフフ…いい反応をするねぇ…もっと感じていいんだよ…」
私が冷笑しながらバイブの抽送と回転運動を更に激しくしていくと
エミコさんは更に身体を激しく痙攣させるようにビクビク揺らしました。

「おごっ!おおっ!あごおーっ!」
エミコさんはそう絶叫すると全身を硬直させながら口からは泡を吹き
ビクビクと連続的に痙攣を繰り返しました。

「フフッ…逝きそうなんだろ…。ホラ、逝っていいぞ…。
 口にチ○ポを押し込まれてバイブで逝け、この変態マゾ女!」
私はそう彼女の羞恥心と被虐心を煽りながら刺激を強めていきました。

「おっ!おおっ!おごおっ!あごおおおーーっ!」
エミコさんはケダモノのような言葉にならない雄叫びを上げると
口から大量の涎を垂らし、蜜穴からは淫液を溢れさせながら
ガクガクと全身を震わせながら一気に絶頂に昇り詰めていきました。

そして、数秒間呼吸を止めたまま全身を硬直させると、
その後、一気に脱力してハァハァと激しく呼吸したまま
ベッドに崩れ落ちて逝き果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3135-560f1bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック