FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日祝いと姫納め(その1)』まで。

**************************************************

私はエミコさんを綿紐で後ろ手に縛り、続けて両足を閉じた状態で
梱包するように十字縛りにして動けなくしていきました。

私はエミコさんに全頭マスクを被せ開口枷を口に押し込みました。
その上で、エミコさんをベッドに横たえて身体を屈曲させると
お尻を突き出す姿勢を取らせ、ヴァギナにバイブを押し込んで
スイッチを入れました。

私は更に横臥するエミコさんの前に膝立ちになった状態で
彼女の頭を持ち上げて開口枷の中へペニスを押し込み
腰を前後に激しく律動させながら喉奥を貫くように
イラマチオしました。

「げふっ!げうっ!げえっ!ごふうっ!」
エミコさんは強烈な嘔吐感に襲われたような呻き声を上げながら
バイブのクリトリスとヴァギナへの強烈な振動刺激を受けて
2度目の絶頂を迎えて果てました。
「フフフ…猫ちゃん、ちゃんと逝けたみたいだね。気持ちよかったろ」
私が優しく言いながらバイブを抜いて全頭マスクを外すと、
「うう~…ぐう~…ぐふう~…」
開口枷を嵌められたままの苦しげな声で呻きながら
涙をハラハラと流して何度も頷きました。

「よしよし…じゃあ最後は気持ちよくしてあげよう…」
私はそう言いながらエミコさんの両脚の縛めを解くと仰向けにして
M字に開脚して秘所を露出させました。

私は続けて自分のペニスニコンドームを被せると
彼女の上に覆いかぶさるようにして膣内に侵入していきました。

「おおっ!おおーっ!おううーーっ!」
エクスタシーを迎えて充分に潤み緩んだエミコさんの粘膜道は
私の肉棹をすんなりと受け入れました。

「フフフ…気持ちよさそうだね。嬉しいんだろ?」
そう言いながら私がゆっくりと腰を動かして抽送運動を開始すると
「ううっ!うううっ!ぐううっ!」
とくぐもった呻き声を上げてエミコさんは何度も頷きました。

「フフフ…逝った後だからマ○コ汁がいっぱい出てきているよ。
 中も敏感になってるから感じるだろう…」
「ううっ!くううっ!ぐううっ!」
エミコさんは私の問いかけに素直に頷き、歓喜の呻きを上げながら
私の抽送を受け入れるように自ら腰を突き出してきました。

「ホラ、こうやってちゃんと感じるように刺激すれば感じるんだよ。
 猫ちゃんの感じるように責めて上げるからもっと喜んでごらん」
「ううっ!うぐうっ!ぐふうっ!」
エミコさんは私の言葉に応えるように何度も頷きながら
私の腰の動くリズムに合せるように自ら腰を突き出して
粘膜道の奥へ奥へと私の肉塊を迎え入れようとしていました。

「ホラ、ココが好きなんだろ?ホラ、ホラ…」
「おうっ!おぐうっ!あぐうっ!あごおっ!」
私がGスポットからポルチオにかけてをカリで抉るように突くと
エミコさんは身体を仰け反らせて歓喜の声を上げながら
ビクビクと身体を痙攣させて反応し続けました。

私はエミコさんのその姿を見つめながら、
女性として快楽が開花した彼女の身体の変化に
大きな喜びを感じたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3136-21d25a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック