FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日祝いと姫納め(その1)』まで。

**************************************************

私はエミコさんを綿紐で後ろ手に縛り、続けて両足を閉じた状態で
梱包するように十字縛りにして動けなくしていきました。

私はエミコさんに全頭マスクを被せ開口枷を口に押し込みました。
その上で、エミコさんをベッドに横たえて身体を屈曲させると
お尻を突き出す姿勢を取らせ、ヴァギナにバイブを押し込んで
スイッチを入れました。

私は更に横臥するエミコさんの前に膝立ちになった状態で
彼女の頭を持ち上げて開口枷の中へペニスを押し込み
腰を前後に激しく律動させながらイラマチオを強要し、
エミコさんをエクスタシーへと導きました。

そして、一度逝き果てて頃合いよしと見計らったところで
彼女の脚の縛めを解いて仰向けにM字開脚にして、
コンドームを被せたペニスを挿入していきました。
「ホラ、こうやってちゃんと感じるように刺激すれば感じるんだよ。
 猫ちゃんの感じるように責めて上げるからもっと喜んでごらん」
「ううっ!うぐうっ!ぐふうっ!」
エミコさんは私の言葉に応えるように何度も頷きながら
私の腰の動くリズムに合せるように自ら腰を突き出して
粘膜道の奥へ奥へと私の肉塊を迎え入れようとしていました。

「ホラ、ココが好きなんだろ?ホラ、ホラ…」
「おうっ!おぐうっ!あぐうっ!あごおっ!」
私がGスポットからポルチオにかけてをカリで抉るように突くと
エミコさんは身体を仰け反らせて歓喜の声を上げながら
ビクビクと身体を痙攣させて反応し続けました。

「ホラ、猫ちゃんはマゾなんでしょ?。
 だから縛られたり痛くされたりすると嬉しくて感じるんでしょ?」
私は意地悪く訊ねながら彼女の乳首に噛みついたままのクリップ
指先で転がしながら鈴を鳴らしました。

「おうっ!あぐうっ!おぐうっ!」
エミコさんは乳首を締め上げられる痛みと被虐心を煽られて
身体を捻って逃れようとしました。

「フフフ…ホラ、逃げることはないんだよ。嬉しいんでしょ?
 痛くされて、責められて、気持ちよくて嬉しいんでしょ?」
私はエミコさんの被虐心を刺激しながら更にクリップを転がして
彼女に苦痛と羞恥心を与え続けました。

「ううっ!うぐうっ!うぐううっ!」
エミコさんは困惑と苦悶の表情を浮かべながらも
与えられる痛みと快楽の刺激に耐えかねて呻きながら頷きました。

「フフッ…、猫ちゃんは痛いのも恥ずかしいのも嬉しいんだね。
 本当のマゾだなぁ…って感じがするよ。
 ホラ、じゃあもっと喜んでもらおう…」
私はそう言いながらクリップを強く抓り上げて乳首に食い込ませ
同時に腰の動きを速めて恥骨同士を叩きつけるように動かしました。

「おぐっ!あごおっ!あぐうっ!あごおおっ!」
エミコさんは固く目を閉じて顔を左右に振りながら身悶えして
襲い来る苦痛と快楽の同時刺激に飲みこまれていきました。

「フフフ…もっと喜びなよ。痛いのが嬉しいんでしょ?」
私は意地悪い冷笑を浮かべながらエミコさんへの責めを強め
彼女を更に追い詰めていったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3137-b79789ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック