FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日に姫始め(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルの部屋に入って服を脱いだ後、私がソファに座り
アキノさんから口唇奉仕を受けました。
アキノさんは私に命じられると嬉々として躾けられた通りに
私のペニスからアナルにかけて舌を伸ばして丁寧に舐め上げ
口に含んで刺激しました。

その間、私はアキノさんに命じて風呂の用意をさせておき、
入浴の準備が出来るまでたっぷりと口唇奉仕を続けさせました。

そして、ゆっくりと風呂で冷えた手足を温めてから洗い場に上がり
アキノさんにペニスを咥えさせて、その中に尿を飲ませました。

尿を放ち終えて、私はアキノさんに命じてペニス周辺についた尿を
舌で丁寧に舐め取らせた後、身体にボディソープを塗を塗った彼女に
身体を洗わせた後、再び口唇でペニス周辺を掃除させました。

「よし。いいだろう。じゃあ私は出るからお前は身体を洗って出てこい」
私はアキノさんにそう命じて立ち上がると風呂場を出て身体を拭い
ベッドルームへと戻りました。

アキノさんはその後、シャワーで身体を流してから風呂を出て
ベッドルームへと戻ってきました。

私はアキノさんが戻ってくるまでの間、綿紐を解いて待っていました。
そして、ベッドルームへ入ってきた彼女に対して…
「ベッドの上に座ってこちらに背中を向けなさい」
と命じました。

「はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは静かにそう答えるとベッドに上がり
私に背を向けて正座しました。

私はアキノさんの背後に回ると後ろ手に手首を重ねて縛り、
胸の上下に綿紐を這わせて乳房を前に縊り出すように
縛りあげていきました。

シュッ、シュッと綿紐がアキノさんの肌を擦り、
グイグイと締め上げて肌に食い込ませていくと
アキノさんはハァハァと少しずつ呼吸を荒らげていき
興奮している様子を示しました。

私は続けて2本目の綿紐を解くと膝を折るようにして重ねて
足首と太股の付け根を縛って固定し、膝まで縛って固定し
その綿紐を背中に伸ばしてM字開脚の姿勢になるように
大きく脚を開かせました。

同様に逆の脚も膝を折って足首と腿を重ねるように縛り、
M字開脚になるよう膝に回した紐を背中に引っ張って
完全に脚を閉じられない状態にして秘所を晒しました。

「フフフ…いいザマだな…マ○コが丸見えだぞ…」
「あぁ…恥ずかしいです…ううう…」
アキノさんは最も恥ずかしい場所を晒された羞恥心で震えながら
顔を赤面させて力無く答えました。

「恥ずかしいなら見えないようにしてやろう…」
私はそう言うとアキノさんの顔に全頭マスクを被せて視覚を奪い
アキノさんの被虐心を更に煽ることにしたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
亮 様

こんにちは
ご無沙汰しております。

正座してるアキノさんのお姿、とても綺麗ですね。
赤い縄で縛られたことはないので憧れます。

自分の状態を言葉で責められ、全頭マスクまでされてしまうアキノさんはどうなってしまうのでしょうか・・・。

続きを楽しみにしております。

2015/02/02(月) 16:25 | URL | なほこ #-[ 編集]
亮さんへ
いつもリンクでお世話になっておりました

☆モモいろの日常(≧∀≦)
の管理人モモです

今回、お知らせがありまして。
当方のブログを次回のブログで最後の記事として
7年くらい続けてきましたが、辞める事にしました。

ブログは、他のリンク様に挨拶もありますので
3月の初め頃には削除します。

いつも、リンクでお世話になっていて本当に感謝でした。
ありがとうございました。
当方はブログを辞めてしまいますが、これからはブログ読者として
応援していますね

今までありがとうございました。
2015/02/25(水) 01:50 | URL | モモ #-[ 編集]
なほこさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
なかなかお返事できず申し訳ございません。
今は日々のことに追われて完全放置状態です。

緊縛は私も彼女も好きなので
調教の時にはいつも楽しんでいます。
緊縛姿が美しく見えるように縛って
その姿を眺めるのも楽しいですから。

またお気軽にお立ち寄りいただければ光栄です。
今後ともよろしくお願い致します。

2015/03/19(木) 14:01 | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集]
モモさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
なかなかお返事できず、申し訳ございません。

今までたくさんのコメントをありがとうございました。
私も毎回モモさんの刺激的なブログを楽しみにしていました。

ブログの閉鎖は残念ですが、
またどこかでモモさんに接する機会があればいいなぁ…
と思っています。

私もここのところ放置ぎみですが
また活動再開しましたら、お立ち寄り下さい。

心よりお待ちしております。


2015/03/19(木) 14:07 | URL | 亮 #4yLSmPWY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3158-22dd5230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック