FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日に姫始め(その1)』まで。

**************************************************

その日、私たちはホテルに入るとアキノさんに躾けられた通り
私の服を脱がせ、自らも首輪だけの姿になって
私に最初の口唇奉仕をしました。

その後、奉仕中にバスタブにお湯を溜めていたので
風呂に入って冷えた身体を温めてから、尿を飲ませ、
続けて私の身体を彼女の身体で洗わせてから
再び口唇で私の肉茎を丁寧に舐めとらせました。

そして、私たちは風呂から上がると彼女を綿紐でM字開脚え縛り
更に全頭マスクを被せて手足の自由と視角を奪いました。

私は秘所を晒され四肢の自由と視角を奪われて興奮する
アキノさんのヴァギナに指を入れて掻き回すように責めると
彼女はあっという間に昇天して果てました。
「なんだ、もう逝ったのか…、だらしねぇな…」
私は見下すようにそう言い、彼女の太ももをピシャリと叩くと
「あううっ…申し訳ございません、ご主人様…。
オマ○コが気持ちよくて…我慢できませんでした…」
と、ハアハアと激しく呼吸をしながら力なく答えました。

「フン、これで終わりと思うなよ」
私はそう言いながらアキノさんの身体をうつ伏せにしました。
M字開脚の態勢のままうつ伏せにしてお尻を突き出させると
今度はアナルが晒け出されました。

アキノさんは丸見えになったアナルに羞恥心を感じたのか、
括約筋をすぼめるように菊花をヒクヒクと動かしました。

私は次にバイブを取り出すとコンドームを被せてから
先ほどまで2本指を受け入れて口を開いた彼女の秘孔に
ゆっくりと押し込んでいきました。

「ああ~…。はあああ~…。あうう~」
アキノさんは肉壁を押し広げられる圧迫感で歓喜の声を上げ
粘液を更に溢れさせながら狂暴なシリコン玩具を
飲み込むように受け入れていきました。

「フフフ…ホラ、気持ちいいだろうが…」
私はアキノさんの快楽を確認するかのように
バイブを回転させながらゆっくり出し入れしました。

「あうう…。気持ちいいです…。オマ○コ気持ちいいです…」
アキノさんは素直に与えられる快楽に歓喜の反応を示しました。

「フフフ…、そうか、マ○コが気持ちいいか?」
「はい、オマ○コがすごく気持ちいいです…」
「縛られて目隠しされてマ○コほじられて嬉しいか?」
「はい、私は変態のマゾなので、こうされると嬉しいです。
虐められると興奮して嬉しくなってしまいます…」
アキノさんは被虐による悦びを素直に表現しました。

「そうか、じゃあ、もっと喜ばせてやろう…」
「ああ、ご主人様、ありがとうございます。
マゾに躾けていただけて、とても嬉しいです…。
もっとマゾになりたいです。もっと変態になりたいです。
もっとご主人様に楽しんでいただけるオモチャになりたいです」
アキノさんはそう言うと私の動きを従順に受け止めて
完全に身を委ねてきたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3322-fe9ef86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック