FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日に姫始め(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルに入ると最初にアキノさんに最初の口唇奉仕をさせ
その後、風呂に入って飲尿、私の身体を彼女の身体で洗わせ、
再び口唇で私の肉茎を丁寧に舐めとらせました。

風呂から出ると、私は彼女を綿紐でM字開脚え縛り
更に全頭マスクを被せて手足の自由と視角を奪いました。

アキノさんは最初にヴァギナを指で掻き回されと昇天すると
次にうつ伏せでお尻を突き出す姿勢を取らされて
バイブで激しく責め臀部に平手打ちを与えた。

アキノさんはバイブでポルチオとクリトリスを同時に責められ
その上で臀肉を繰り返し叩かれたことで更に快楽が増幅し
一気に絶頂へ向けて昇り詰めていく様子でした。

臀双丘がピクピクと痙攣し、背筋がブルッ、ブルッと小刻みに震え
腿の内側から肉丘、括約筋がキュッキュッとすぼまり、
絶頂を迎える直前の特有の反応が見られました。

「ホラッ、我慢しろって言ってるだろうがっ!」
私はそう言って再びアキノさんに我慢を命じながら
臀肉に平手打ちを浴びせました。

「あっ!ああーっ!も、申し訳ございません、ご主人様…。
 でも…でも…お尻を叩かれたら…逝ってしまいます…うううっ!」
アキノさんは我慢の限界とも取れるような切ない声で訴えて
私に許しを請うように答えました。

「あん?なんだ?お前はケツを叩かれると逝くのか?」
私が意地悪くそう尋ねると…
「うう…は、はい…逝ってしまいます…叩かれると逝ってしまいます」
と、アキノさんは切ない涙声でそう答えました。

「フン、変態マゾ女はケツ叩かれると気持ちよくて逝くのか?」
私はアキノさんの心をいたぶるように蔑みの言葉を掛けながら
再びピシャピシャと繰り返しお尻を平手打ちし続け、
更にバイブによる振動刺激を繰り返しました。

「ああっ!ご主人様、ダメですっ!叩かれたら逝ってしまいます。
 我慢できません…。お許しください、ご主人様…お許し下さい…」
アキノさんは切羽詰まった究極の我慢状態に追い込まれて
哀訴するように私に求めてきました。

「ダメだ、我慢しろと言ってるんだ。私の命令には従え」
「ああっ!でも…でも…ツライです…気持ちよくて…ツライです」
「お前はケツを叩かれて我慢できなくなるほど気持ちいいのか」
「はい、私はお尻を叩かれて…気持ちいいです…逝ってしまいます」
「そうか、お前はケツ叩かれて逝くような変態マゾ女なんだな」
「ああっ!はい、私はお尻を叩かれて逝くような変態マゾ女です。
 バイブでオマ○コを責められてお尻を叩かれて喜ぶ淫乱です」
アキノさんは自我が崩壊したように理性を失った言葉で
自らを貶めるようにそう叫びました。

「そうか。そこまで淫乱の変態マゾ女なら仕方ないだろう。
 ケツを叩かれてバイブでマ○コを掘られて逝くがいい…」
私はそういうと更に強い力でアキノさんのお尻を平手で叩き
併せるようにバイブの注挿運動を速めていきました。

「ああっ!ご主人様、ありがとうございます!嬉しいです!
 もっと…もっと叩いて下さい。もっと気持ちよくして下さい!」
「オラッ!こうか?淫乱の変態マゾ女めっ!」
「ああっ!ありがとうございます、ご主人様っ!
 お尻を叩かれて嬉しいです!オマ○コ掘られて気持ちいいです!
 ああっ!逝きそうですっ!逝きますっ!逝きますっ!あああーっ!」
アキノさんはそう絶叫すると再び前進を硬直させて
痙攣するようにピクピクと小刻みに震わせました。

やがてすべての力を失うように崩れ落ちると
ハァハァと激しく呼吸したまま動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3325-58528096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック