FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『誕生日に姫始め(その1)』まで。

**************************************************

私たちはホテルに入ると最初にアキノさんに最初の口唇奉仕をさせ
その後、風呂に入って飲尿、私の身体を彼女の身体で洗わせ、
再び口唇で私の肉茎を丁寧に舐めとらせました。

風呂から出ると、私は彼女を綿紐でM字開脚え縛り
更に全頭マスクを被せて手足の自由と視角を奪いました。

そして、ヴァギナを指で掻き回され最初の昇天、
続いて、うつ伏せでお尻を突き出す姿勢を取らされて
バイブでバギナとクリトリスを責められて2回目の昇天。
続けて、そのままバイブでの責めを受けながら
臀部を激しくスパンキングされて3回目の昇天。

そして更に後背位からの挿入によって再度の昇天を迎えました。

自ら最も敏感な部分に私の肉茎を誘うことによって
アキノさんは絶頂を迎えて再びグッタリと力尽きました。

「ホラ、まだ私が終わってねぇだろ。自分だけ満足するんじゃねぇよ」
私はアキノさんを叱りつける口調でお尻を平手打ちしました。

「あうっ!申し訳ございません、ご主人様…。
 至らない奴隷で、申し訳ございません…ううう…」
アキノさんは脱力したまま力ない声でそう答えると
力尽きた身体を奮い立たせるように再び律動を始めました。

「フン、そんなんじゃいつまでたっても終わらねぇんだよ!」
私はそう言って彼女の腰骨をガッチリと掴むと
臀肉に恥骨を叩きつけるようにストロークを開始しました。

「ああっ!スゴイっ!ご主人様、奥まで当たりますっ!
 ああっ!壊れます!オマ○コ、壊れます!奴隷が壊れます!」
アキノさんは発狂したように叫びました。

「フン、私を満足させられないような役立たずな奴隷は壊れちまえ」
私は冷酷に言い放つと構うことなく激しく注挿を繰り返しました。

「ああっ!すごいっ!逝く、逝くっ!逝くうーっ!」
アキノさんは断末魔の叫び声を上げると簡単に絶頂を迎えました。
それでも私は遠慮することなくアキノさんの膣肉を
私の射精のための道具として使い続けました。

「ホラ、緩めてるんじゃねぇよ。いつまでも私が逝けないだろうが!」
私がそう言ってお尻を平手打ちすると…
「ひいっ!申し訳ございません、ご主人様っ!おおっ!あおおっ!」
と驚きと歓喜で括約筋と膣壁をキュッキュッと締め上げました。

「そうだ。そのまま緩めるんじゃねぇぞ!」
私の言葉と平手打ちを浴びながら…
「ひいっ!かしこまりました、ご主人様っ!ああっ!いいっ!」
と答えて括約筋をヒクつかせながらヴァギナを締めつけました。

「あおっ!いいっ!ご主人様、オマ○コもお尻も気持ちいいっ!
 また逝くっ!また逝きますっ!おおーっ!あおおーっ!」
アキノさんは秘奥と臀丘との同時刺激を受けると繰り返し絶頂を迎え
果てては再び昇り詰めていくというスパイラルに陥っていきました。

その快楽の渦の中で彼女の膣肉はグイグイと収縮し
私の肉茎を締め上げ私も興奮の頂点に誘ったのです。

「おお、逝きそうだ。アキノ、逝くぞ、逝くぞ…」
「ああ…逝ってください…奴隷のオマ○コを使って…逝って下さい」
「おおっ!いいぞ、逝くぞ!逝くぞぉーっ!」
私はそう雄たけびを上げるとアキノさんの中に欲望を爆発させるように
白濁液を放って果てたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3327-65507d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック