FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんは私が用意した穴あきショーツを穿き、
ガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドの上に上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

前方に乳房を縊りだされたことと緊縛による興奮とで
薄手のバドガールコスの上から乳首が勃起しているのが
わかりました。

私はその突起した乳首をきつく抓り苦痛を与えました。

「あうう…痛いけど…気持ちいいです…もっと苛めて下さい…」
エミコさんは与えられる苦痛と被虐とでマゾヒズム的な興奮を覚え
私に更なる刺激を求めてきました。

「フフフ…素直でいいコだね…ホラ、もっとこうしてあげよう…」
私はそう言いながら両手で両乳首を摘まむとグリグリと
捏ね繰り回すように刺激を与えました。

「あうっ…あふうっ…あうううっ…」
エミコさんは苦痛に顔を歪めて身を左右に捩りながら
与えられる苦痛刺激に必死に耐え続けている様子でした。

「猫ちゃん、興奮してるみたいだね…。濡れてるでしょう…」
私はそう言いながらベッドの上で悶えることでズリ上がった
ワンピースのミニスカートの中に右手を入れました。
同時に左手での乳首を抓る力を更に強めました。

クロッチ部分の無い穴あきショーツは彼女の秘所が無防備で
私の指の侵入を簡単に許してしまう構造になっていました。

私は太腿の隙間に指を滑り込ませると、
布地に守られていない彼女の秘唇は粘液に濡れており
コスチュームと緊縛と痛みとで煽られた興奮の度合いが
かなり高まっているのが感じられました。

「ほうら、やっぱり興奮してるね。こんなに濡れてるよ…」
私は粘度の高い液体でピタリと合わさった女貝唇を指でなぞり
液体を指に絡めながらヌメる秘襞を撫でました。

「あぁ…あうう~…はうう~…」
エミコさんは顎を上げて天を仰ぎ痺れる快楽に甘く喘ぎました。
そして私の指の動きに呼応するように太腿の力を緩めて
私の指を動きやすいようにしてくれました。

「フフフ…もっとして欲しいんだね…」
「あぁ…はい、欲しいです…もっと気持ちよくして欲しいです…」
エミコさんの言葉を受けて、私は更に充血した女粘膜を撫で
更に彼女の喜ぶようなソフトタッチの愛撫を続けました。

同時に彼女が喜ぶ乳首に対する苦痛刺激も与えながら
彼女の被虐的興奮を更に煽りました。

「ああっ!ああーっ!いいっ!痛いっ!気持ちいいっ!」
エミコさんは複雑に絡み合う苦痛と快感の感覚に酔いながら
歓喜の叫び声を上げたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3345-d2f8909c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック