FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんに穴あきショーツガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドに上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

前方に乳房を縊りだされたことと緊縛による興奮とで
薄手のバドガールコスの上から乳首が勃起しているのが
わかりました。

私は服の上から固く突起した乳首を抓り上げながら
捲れ上がったミニワンピースのスカートの中に手を入れ
クロッチの無い彼女の秘所の濡れ具合を確かめました。

「フフフ…すごく興奮してるみたいだね…いつもより濡れてるよ」
セクシーなコスチュームを着て緊縛されて自由を奪われ、
彼女の好む苦痛とソフトタッチの愛撫を受けて
エミコさんは愛液を溢れさせていました。

「フフッ…じゃあ、猫ちゃんがもっと好きなことをしてあげよう」
私はそういうとアイマスクを取り出して彼女の視界を遮り
口枷を噛ませて言葉を発する自由を奪いました。

「うう~…むぐう~…」
エミコさんは視覚を失い言葉を発することも出来なくなり
不安そうな様子で呻きながら周囲の様子をうかがうように
キョロキョロと顔を左右に振りました。

「心配しなくてもいいんだよ…ちゃんと楽しませてあげるから」
私はそう言いながら再び乳首を抓り上げ、
股間に忍ばせた指に彼女自身から滴り出る粘液を絡め
充血した肉蕾をゆっくりと転がすように愛撫しました。

「うう~…あうう~…」
エミコさんは言葉にならない呻き声を発しながら顔を歪め
痛みと快感の複雑に混ざり合った感覚に反応し続けました。

「そうだよ。Mらしく可愛い声で鳴いてごらん…」
私はそう彼女の心を煽りながら乳首と肉豆、肉襞へ
更に刺激を与えました。

「はううっ!おおっ!あふう~…あおお~…」
エミコさんは身体をビクビクと小刻みに震わせながら
マゾヒスト特有の歓喜の甘い声を上げ続けました。

「ほうら、こっちも大好きなんだろう…」
私は彼女の粘液の溢れ出る泉の底をめがけて
ゆっくりと指を押し込んでいきました。

「おお~…あほぉ~…あおおお~…」
エミコさんは顎を上げて身体を仰け反らせ、
膣粘膜を掻き回される指の刺激に声を上げました。

「フフフ…すごく濡れてるよ」
私が指で彼女の内部を掻き回すとクチュクチュと音がして
卑猥な興奮の高まりが私にも感じ取れました。

「ホラ、気持ちいいんでしょ?」
私が確認するようにそういうとエミコさんは頷きながら
「あううっ…あううっ…」
と歓喜の声を上げて答えたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3346-022b5f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック