FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんに穴あきショーツガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドに上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

私は更にエミコさんにアイマスク口枷を嵌めて
手足の自由だけでなく視覚と言葉の自由をも奪いました。

その状態で私はエミコさんを仰向けに寝かせて大きく脚を開かせると
穴あきショーツで無防備になった彼女の秘孔にオルガスターを入れ
彼女の感じるGスポットとクリトリスを同時刺激することで
最初の絶頂へと押し上げていきました。

エミコさんは最初の絶頂を迎えて果てると
「ハァハァ」と激しく呼吸をしながら脱力した様子で
呆然としていました。

「猫ちゃん、気持ちよかったかい?」
私が維持悪くからかうように言うとエミコさんは頷き
「ううう~…むうう~…」
口枷を嵌められた不自由な声で答えました。

「よしよし、じゃあ、次はもっと刺激的なことをしてあげよう」
私はそう言ってバイブを取り出すとスイッチを入れました。

ウィンウィンとシリコンが蠢く震動音が響き渡ると
「ううう~…むうう~…くふう~…」
と、エミコさんは不安と期待が入り交じった呻き声を上げました。

「大丈夫だよ。すぐ気持ちよくなるからね」
私はそう言いながらうねるように回転するシリコンの突端を
オルガスターの責めで逝き果て充分に粘液の溢れ出た
秘孔に宛がい潤滑油としてシリコンに絡めていきました。

「あうう~…はぐう~…おうう~…」
微妙な震動は彼女の秘唇に触れるたびに甘い喘ぎ声を上げ
ビクビクと震動刺激に反応を示しました。
その反応に合わせるように口を開いた牝唇からは
甘い芳香を放つ淫唾を溢れ出させました。

「むぐっ、ぐふっ、ぐうっ、うぐうっ」
エミコさんはくぐもった呻き声を上げながら身体を硬直させ
苦しさと歓喜の入り交じった声を上げました。

「フフッ、ほら、気持ちいいだろう…」
「むううっ、くううっ、ううっ、うぐうっ」
私のバイブ責めに答えてエミコさんは素直に何度も頷き
バイブから伝わる粘膜への快楽信号に応えていました。

「ほうら、ここが好きなんだろう…」
私はエミコさんの更に敏感な充血して包皮から顔を覗かせた
肉芽に触れるか触れないかのソフトタッチの刺激を与えました。

「ひいっ!おうっ!おおっ!」
エミコさんは神経の集中する部位への突然の刺激で
飛び上がらんばかりの反応を示しました。
そして悲鳴にも似た声を上げてビクッと身体を硬直させました。

彼女の秘泉から溢れ出た愛液が糸をひくほど分泌されたので
私は頃合いもよしと判断しました。
そして、ゆっくりとうねり回転するバイブの砲身を
彼女の肉襞の奥へとねじ込んでいったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3354-264f36b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック