FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんに穴あきショーツガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドに上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

私は更にエミコさんにアイマスク口枷を嵌めて
手足の自由だけでなく視覚と言葉の自由をも奪いました。

その状態で私はエミコさんを仰向けに寝かせて大きく脚を開かせると
穴あきショーツで無防備になった彼女の秘孔にオルガスターを入れ
最初の絶頂を迎えさせたあと、次にバイブを挿入しました。

「おお~…おうう~…あうう~…」
エミコさんは窮屈な粘膜壁を押し広げられる圧迫感と
微細震動の刺激とで甘い喘ぎ声を上げました。

そして、その感覚に応えるように熱い粘液を溢れさせると
ジュブジュブとシリコンの筒に粘液を絡めて
湿度の高い粘着質で卑猥な音を立てました。

「フフフ…、ほら、こんなにマ○コ汁が出てきたよ。
エッチな音が聞こえるでしょう」
室内にはウィンウィンという回転音と、その動きに合わせて
粘膜と粘液とが絡まるグチョッ、ネチャッという音が響きました。

「はううっ…、おううっ…、あおうっ…」
エミコさんは敏感な粘膜で感じる湿度の高い感覚と
聴覚に届く粘着音とで自らの興奮度合いを再確認していました。

「ほら、もと刺激的なヤツだよ…」
私はそう言いながらクリトリス用の突端の震動スイッチを入れ
既に一度目の絶頂で充血して膨らんだ肉芽に宛がいました。

「ふうーっ!ううーっ!くふうーっ!」
エミコさんは強烈な震動刺激に絶叫すると身体を硬直させ
手脚をバタつかせながら抵抗し始めました。

「ほら、ジッとしなさい」
私がエミコさんの両脚が動かないように押さえつけながら
更にバイブをグリグリと回転させて彼女の性的に感度の高い
Gスポットとクリトリスを責め上げました。

「ああーっ!おっ!おおーっ!おうっ!あううーっ!」
エミコさんは口から涎と泡を吹き出しながら絶叫して暴れまわり
押し寄せる強烈な快楽刺激に耐えていました。

私はエミコさんに馬乗りになって押さえつけ動きを封じると
更に激しくバイブを律動させました。

「おおっ!あおうっ!ううっ!あううっ!おおうっ!」
エミコさんは言葉にならない咆哮を上げながら必死に抵抗しましたが
やがて快楽の飲まれたのか諦めたのか、次第に力が抜けていき、
なすがままの責めを受け入れていきました。

「うう~…あうう~…おうう~…」
エミコさんは諦めのような泣き声を上げながら身体を小刻みに震わせ
凶暴なシリコンの震動から全身に広がる快楽刺激を受け止めていました。

グチャッ、ネチョッという淫湿な粘液の音とモーターの震動音が
部屋中に混じりあって響き渡りました。

与えられる震動刺激と自ら発する卑猥な粘液の音、
そして縛られ押さえつけられ抵抗を失った被虐感とで
エミコさんは更に一層興奮を高めている様子でした。

「おおっ!おうっ!あおっ!おおーっ!」
エミコさんはそう言って絶叫すると全身を仰け反らせて硬直させ
一気にエクスタシーを迎えて果て、ベッドに脱力して落ちたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3355-65c52c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック