FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんに穴あきショーツガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドに上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

私は更にエミコさんにアイマスク口枷を嵌めて
手足の自由だけでなく視覚と言葉の自由をも奪いました。

その状態で私はエミコさんを仰向けに寝かせて大きく脚を開かせると
穴あきショーツで無防備になった彼女の秘孔にオルガスターを入れ
最初の絶頂を迎えさせたあと、続けてバイブを挿入して
再び絶頂へと誘いました。
「うう~…くふう~…おうう~…」
エミコさんはハァハァと激しく呼吸しながら脱力した声を漏らし
放心状態に近い様子で茫然としていました。

私はエミコさんの秘孔からバイブを抜き取りと
ネチャッと粘着質の音を立て、抜いたバイブの先端に
熱い粘液が糸を引き、パックリと開いた泉の奥からは
牝特有の甘い芳香が漂いました。

私は逝き果てたエミコさんの顔に跨ると彼女の口枷を外しました。
そして、彼女の口の中にコンドームを被せた肉竿を押し込みました。

「うっぷ…うう…ぐうっ…くふうっ…」
エミコさんは肉棒に口の中を蹂躙され苦しげな呻き声を上げました。

私は容赦なくエミコさんの口の中に肉棒を突き立てたまま
腰を前後律動させて彼女の喉奥を激しく犯しました。

「むぐっ…うぐうっ…ぐふうっ…おぐうっ…」
エミコさんは両手の自由を奪われた上に首の上に跨られて
身動きを取ることも逃れることも出来ない状態で、
ひたすら口腔を凌辱されることに耐えていました。

そして悲壮感漂う苦悶の呻き声を漏らしながら
肉棒の暴れるままに任せるしかありませんでした。

私はエミコさんは苦しみ悶える様子でも意に介することなく
更に腰の前後律動を激しくすることで口内を蹂躙することを
強めていきました。

「ぐっ…むぐうっ…うぐうっ…ぐふうっ…」
エミコさんは私の腰の律動に必死に応えるように唇をすぼめ
口の中で暴れまわる肉の凶器に絡めるよう
必死に舌を動かし続け唾液を分泌させ続けました。

グチョッ、チュバッ、ジュルッという唾液の絡む音と
舌と唇で肉茎を吸い上げる音が室内に響き
その舌使いに応えるように私の肉茎に血液が充填され
固くなっていくのが感じられました。

私自身はエミコさんの口を無理やり凌辱する感覚に酔いしれ
自分自身の加虐的嗜好による興奮が高まってくるのを
自らの男性器の変化によって認識したのです。

対して、エミコさんは蹂躙されなすが儘に凌辱されることで
自らの被虐的な興奮が高まっている様子だったのを
彼女の献身的な口の動きから私は感じ取ったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3358-8327efd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック